FOLLOW US

永戸勝也→レオ・セアラで2得点! 横浜FMがACL白星発進、地元ベトナムの雄から逃げ切る

レオ・セアラが2得点 [写真]=AFC

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループH第1節が16日に行われ、ホアンアイン・ザライ(ベトナム)と横浜F・マリノス(日本)が対戦した。

 2シーズンぶりにACLを戦う横浜FMは、直前のリーグ戦で難敵鹿島アントラーズを3-0撃破。好調を維持して短期決戦の舞台ベトナムに乗り込んだ。鹿島戦からはスタメンを5人入れ替え、松原健エドゥアルド吉尾海夏宮市亮レオ・セアラが先発に名を連ねた。

 地元開催のホアンアインが大勢のホームサポーターの後押しを受けてアグレッシブな入りを見せ、4分に決定機を迎える。高い位置でボールを奪ったブー・バン・タンがペナルティエリア内で左足を振り抜くが、ゴール左下を狙ったシュートはポストに阻まれる。

 それでも、横浜FMは19分にセットプレーで先制に成功する。右コーナーキックから永戸勝也がニアにインスイングのボールを送り、飛び込んだレオ・セアラがヒールで合わせて押し込んだ。

 25分、横浜FMがリードを広げる。左サイドでフリーキックを獲得し、永戸がピンポイントのボールをゴール前に供給。L・セアラが頭で合わせてネットを揺らした。

 ホアンアインは31分に1点を返す。左コーナーキックからグエン・コン・フォンがインスイングのボールを送ると、最後は喜田拓也の頭に当たってゴールに吸い込まれた。

 1点のリードで折り返した横浜FMは、49分にホアンアインのゴールを脅かす。左コーナーキックから永戸がアウトスイングのボールを供給し、相手のマークを外したL・セアラが頭で合わせるが、シュートはクロスバーに嫌われた。

 後半途中からはホアンアインが横浜FMのハイラインの裏を狙う場面も増えるが、複数回訪れた決定機を生かすことはできない。横浜FMはなんとか凌いで逃げ切りに成功し、初戦を白星で飾った。次節は19日に行われ、ホアンアインはシドニーFC(オーストラリア)、横浜FMは全北現代(韓国)と対戦する。

【スコア】
ホアンアイン・ザライ 1-2 横浜F・マリノス

【得点者】
0-1 19分 レオ・セアラ(横浜FM)
0-2 25分 レオ・セアラ(横浜FM)
1-2 31分 オウンゴール(ホアンアイン・ザライ)

【スターティングメンバー】
横浜FM(4-2-3-1)
高丘陽平松原健畠中槙之輔エドゥアルド(84分 角田涼太朗)、永戸勝也喜田拓也岩田智輝(64分 藤田譲瑠チマ);宮市亮吉尾海夏(64分 マルコス・ジュニオール)、仲川輝人(64分 水沼宏太);レオ・セアラ(71分 西村拓真

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO