FOLLOW US

C大阪、広州に5発快勝でACL無敗維持!…加藤陸次樹と松本泰志が2得点ずつ

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)・グループJ第5節が6日に行われ、セレッソ大阪と広州FCが対戦した。

 勝てばグループステージ突破に大きく近づくC大阪。3-0で快勝した前節ポートFC戦からは西尾隆矢を除いてスタメンを10人変更し、GKには今大会初出場となるダン・バン・ラムが入った。

 ここまで全敗の広州に対し、C大阪は序盤からボールを握って押し込む展開が続く。4分、山田寛人の鋭いパスをペナルティエリア右で受けた松田力が右足を振り抜いたが、相手GKにセーブされる。9分には高木俊幸が左から送ったクロスに松田力が頭で合わせたが、惜しくもクロスバーに弾かれた。

 C大阪は28分、高木が左から低くて速いクロスを供給すると、山田がニアサイドで合わせる。しかし、シュートは枠の右へと外れる。30分にはゴール前のルーズボールに後ろから飛び込んだ松田力がフリーで合わせたが、枠を捉えられずに絶好機を逃した。

 それでも、C大阪は33分に待望の先制点を獲得する。右サイドから松田力が低いクロスを送ると、加藤陸次樹が体を倒しながらダイレクトボレーで合わせて突き刺した。

 1点のリードで折り返したC大阪は、53分に追加点を挙げる。敵陣でボールを奪った小池裕太はそのまま前進して敵陣に侵入。高木とのパス交換でペナルティエリア左の深い位置をとった小池がグラウンダーでマイナス方向に折り返すと、最後は松本泰志が左足で流し込んだ。

 C大阪は67分、左コーナーキックを担当した小池が左足で高いボールを送ると、チアゴが頭で合わせて3点目をゲット。72分には相手のクリアミスから素早く縦につなぎ、松本が4点目を獲得した。

 終了間際には、加藤がダメ押しの5点目をマークする。試合はこのまま終了し、C大阪は4勝1分、広州は5連敗となった。2位の傑志(香港)がポートFC(タイ)に敗れた場合、C大阪はグループステージ首位と決勝トーナメント進出が決定する。最終節は9日に行われ、C大阪は傑志と、広州はポートと対戦する。

【スコア】
C大阪 5-0 広州

【得点者】
1-0 33分 加藤陸次樹(C大阪)
2-0 53分 松本泰志(C大阪)
3-0 67分 チアゴ(C大阪)
4-0 72分 松本泰志(C大阪)
5-0 90+3分 加藤陸次樹(C大阪)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO