FOLLOW US

関根貴大が痛感したアル・ヒラルとの実力差…「これだけ能力の差を感じたのは初めて」

[写真]=金田慎平

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝第2戦が24日に行われ、浦和レッズとアル・ヒラルが対戦した。スコアレスで迎えた74分、浦和は先制点を許すと、後半アディショナルタイムにも追加点を奪われる。頼みの攻撃陣も得点を奪えずタイムアップを迎え、0-2で敗戦。2戦合計0-3でアジア王座戴冠とはならなかった。

「今まで対戦してきた相手の中でも、これだけ能力の差を感じたのは初めてですし、チームとしても完敗したので。一番何もできませんでした。自分の弱さを改めて知る試合になったと思います」

 左ウイングバックでフル出場した関根貴大は試合後、アル・ヒラルとの実力差を痛感していた。10分、関根は興梠慎三のドリブル突破から決定機を迎えるも決め切ることができず。得点を狙って前がかりになると、関根のサイドから得点も許してしまった。

「僕が失点にも絡んでしまいましたし、1対1で勝てなかったところ、ゴールを決め切れなかったところ、そこで試合の流れも変わってしまった」

 ただ、悔やんでばかりもいられない。リーグ戦は残り2試合、13位の浦和はJ1・J2入れ替え戦行きとなる16位湘南との勝ち点差はわずか4。残留を確かなものにするためにも、結果を残すことが求められる。

 関根は「ACLはこれで終わってしまいましたし、残されたリーグ戦2試合でしっかり残留を決めたいと思います」と、残り2試合での復帰を誓った。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO