2018.11.11

村井満チェアマン、アジア初制覇の鹿島を祝福「心から敬意を表します」

鹿島アントラーズ
悲願のアジア制覇を成し遂げた鹿島アントラーズ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 AFCチャンピオンズリーグ決勝第2戦が10日に行われ、鹿島アントラーズが2戦合計2-0でペルセポリス(イラン)を下し、クラブ史上初のアジア制覇を果たした。これを受け、Jリーグの村井満チェアマンが11日にコメントを発表している。



 村井チェアマンはまず「鹿島アントラーズの皆さん、AFCチャンピオンズリーグ優勝おめでとうございます。数々のタイトルを獲得してきたアントラーズに名誉あるタイトルがまた1つ増えたことを心からお祝い申し上げます」と述べ、大会優勝を祝福した。その上で、「日本サッカー界においては、昨年優勝の浦和レッズに続き、Jリーグクラブから2年連続でタイトルを掴み取ることができましたことをチェアマンとして誇りに思います」と続け、日本勢の2年連続戴冠を喜んでいる。

 また、同チェアマンは過密日程に屈しなかった鹿島を称えるコメントも。さらに来月にアラブ首長国連邦(UAE)で開催されるFIFAクラブワールドカップ2018での躍進を期待した。

「今シーズンは例年以上の過密日程の中、若手選手と経験豊富なベテラン選手の融合が功を奏し、グループステージから1つずつ勝利を積み上げてきました。満員で埋め尽くされた決勝第1戦では2-0の快勝とし、悲願の優勝まであと1つと迫り、そして迎えた第2戦では、完全アウェイの中でも動じることなく相手の攻撃を無失点におさえて試合を終えることができました。この勝利はファン・サポーター、クラブスタッフをはじめとしたアントラーズに関わる全ての皆様の努力に心から敬意を表します」

「12月12日から開催される『FIFA クラブワールドカップ UAE2018』ではアジア代表として出場します。ACLの勢いそのままに、トップの座を掴むべく勝ち上がることを期待しています」

この試合の他の記事

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
10pt
トッテナム
8pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
10pt
ドルトムント
9pt
フライブルク
9pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
10pt
アトレティコ・マドリード
9pt
レアル・マドリード
8pt
欧州順位をもっと見る
インテル
9pt
ボローニャ
7pt
ユヴェントス
7pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

FC東京
52pt
鹿島アントラーズ
51pt
横浜FM
48pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
63pt
山形
57pt
横浜FC
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
群馬
44pt
熊本
44pt
北九州
43pt
Jリーグ順位をもっと見る