2018.04.03

鹿島が日本勢1番乗りでACL決勝Tへ! 2点差追い付きGS突破決める

鹿島アントラーズ
鹿島アントラーズはアウェイで上海申花と対戦した [写真]=VCG/VCG via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)・グループステージ第5節が3日に行われ、上海申花(中国)と鹿島アントラーズが対戦した。

 引き分け以上でグループステージ突破が決まる鹿島だが、苦しい試合を強いられる。13分、犬飼智也がペナルティエリア内でオバフェミ・マルティンスを倒し、上海申花にPKが与えられる。これをジョバンニ・モレノに決められ、先制を許した。

 このゴールで勢いに乗った上海申花は22分にマルティンスが負傷するアクシデントに見舞われたが、代わって入ったマオ・ジエンチンが結果を残す。28分、左からのCKにジエンチンがヘディングで合わせ、スコアは2-0となった。

 後半に入ると引いて守る上海申花に対して鹿島が押し込む展開となる。すると58分、エリア内左からレオ・シルバが放ったシュートのこぼれ球を鈴木優磨が流し込み、早い時間に1点を返す。

 さらに63分、金崎夢生からパスを受けた鈴木がエリア内右からファーサイドにクロスを供給し、走り込んだレアンドロが左足ボレーで合わせる。強烈なシュートがGKの手を弾いてネットを揺らし、鹿島が同点に追い付いた。

 試合はこのまま2-2で終了。勝ち点を1を加えた鹿島は2位以上が確定し、1試合を残してグループステージ突破を決めた。

 次節、上海申花は18日にアウェイでシドニーFC(オーストラリア)と、鹿島は同日にホームで水原三星ブルーウィングス(韓国)と対戦する。

【スコア】
上海申花 2-2 鹿島アントラーズ

【得点者】
1-0 13分 ジョバンニ・モレノ(PK)(上海申花)
2-0 28分 マオ・ジエンチン(上海申花)
2-1 58分 鈴木優磨(鹿島)
2-2 63分 レアンドロ(鹿島)

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
37pt
FC東京
28pt
川崎F
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
大分
40pt
山口
39pt
町田
36pt
Jリーグ順位をもっと見る
鹿児島
28pt
琉球
25pt
沼津
24pt
Jリーグ順位をもっと見る