2017.03.02

5発大勝で浦和が連勝、鹿島&G大阪は敗戦…川崎は2戦連続ドロー/ACL・GS第2節

ACLグループステージ第2節が各地で行われた [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)・グループステージ第2節が2月28日と3月1日に各地で行われた。

 ホームでの初戦で蔚山現代(韓国)に勝利を収めた鹿島アントラーズは、ムアントン・ユナイテッド(タイ)と敵地で対戦。後半アディショナルタイムに痛恨の決勝点を献上し、1-2で敗れ、2017明治安田生命J1リーグ開幕節FC東京戦に続く黒星で公式戦2連敗となった。次節、グループ最下位のブリスベン・ロアー(オーストラリア)と対戦する。

 初戦でウェスタン・シドニー(オーストラリア)に敵地で4-0と快勝した浦和レッズは、ホームにFCソウル(韓国)を迎えた。浦和は試合開始からゴールラッシュを見せ、前半だけで5ゴール。昨年決勝トーナメント敗れた因縁の相手に5-2と大勝を収め、2連勝と好調なスタートを切った。次節はブラジル代表FWフッキや同MFオスカルらを擁する上海上港(中国)と敵地で対戦する。

 日本勢唯一の引き分けスタートとなった川崎フロンターレは敵地でイースタンSC(タイ)と対戦。前半14分にエリア内で相手選手をDF奈良竜樹が倒したとして一発退場。PKを献上し、先制点を許す苦しい展開となった。後半に同点ゴールを奪ったが、勝ち越し点を挙げることができずに2試合連続のドローに終わった。次節はグループ首位の広州恒大(中国)と対戦する。

 アデレード・ユナイテッド(オーストラリア)との初戦を飾ったガンバ大阪はホームで済州ユナイテッド(韓国)と対戦。前半終了間際に2失点を喫すると、後半にも2点を奪われ、1-4で完敗した。次戦は連勝で首位に立つ江蘇蘇寧(中国)をホームに迎える。

■日本勢所属グループのACL第2節結果
▼グループE
蔚山現代(韓国) 6-0 ブリスベン・ロアー(オーストラリア)
ムアントン・ユナイテッド(タイ) 2-1 鹿島アントラーズ

▼グループF
上海上港(中国) 5-1 ウェスタン・シドニー(オーストラリア)
浦和レッズ 5-2 FCソウル(韓国)

▼グループG
イースタンSC(香港) 1-1 川崎フロンターレ
水原三星(韓国) 2-2 広州恒大(中国)

▼グループH
ガンバ大阪 1-4 済州ユナイテッド(韓国)
江蘇蘇寧(中国) 2-1 アデレード・ユナイテッド(オーストラリア)

■日本勢所属グループのACL第2節順位
▼グループE
1位 ムアントン・ユナイテッド(勝ち点4、得失点+1)
2位 鹿島アントラーズ(勝ち点3、得失点+1)
3位 蔚山現代(勝ち点3、得失点+4)
4位 ブリスベン・ロアー(勝ち点1、得失点-6)

▼グループF
1位 浦和レッズ(勝ち点6、得失点+7)
2位 上海上港(勝ち点6、得失点+5)
3位 FCソウル(勝ち点0、得失点-4)
4位 ウェスタン・シドニー(勝ち点0、得失点-8)

▼グループG
1位 広州恒大(勝ち点4、得失点+7)
2位 水原三星(勝ち点2、得失点0)
3位 川崎フロンターレ(勝ち点2、得失点0)
4位 イースタンSC(勝ち点1、得失点-7)

▼グループH
1位 江蘇蘇寧(勝ち点6、得失点+2)
2位 済州ユナイテッド(勝ち点3、得失点+2)
3位 ガンバ大阪(勝ち点3、得失点0)
4位 アデレード・ユナイテッド(勝ち点0、得失点-4)

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る