2016.05.04

浅野が復活弾…ACL敗退の広島、若手中心で無敗のFCソウルに意地の勝利

サッカー総合情報サイト

 AFCチャンピオンズリーグ・グループステージ第6節が4日に行われ、サンフレッチェ広島とFCソウル(韓国)が対戦した。

 昨季J1王者として、初のアジア制覇を目指していた広島だが、ここまでの5試合は2勝3敗で、グループステージ敗退が決定した。最終節は、ここまで無敗ですでに決勝トーナメント進出を決めているFCソウルと対戦。敵地で行われた前回の対戦では、1-4で敗戦を喫しているため、ホームではリベンジを果たしたいところ。

 広島は4月29日に行われた2016明治安田生命J1リーグ・ファーストステージ第9節ジュビロ磐田戦から、先発メンバーを9名変更。GK増田卓也、吉野恭平、キム・ボムヨン、大谷尚輝、清水航平、丸谷拓也、高橋壮也、皆川佑介、宮吉拓実に加え、森島司がプロ初出場、浅野拓磨が負傷から復帰を果たした。なお、元広島で現FCソウルのMF高萩洋次郎はメンバー外となった。

 試合は27分、広島が先制に成功する。左サイドで獲得したFKから、清水がペナルティエリア内へボールを供給。ニアサイドで浅野が右足で合わせると、シュートは相手GKの手を弾いてゴールネットを揺らした。さらに39分、清水が左サイドからアーリークロスを入れる。ニアサイドに飛び出した皆川がダイビングヘッドで合わせて、ゴール左上隅に決めた。前半は広島の2点リードで折り返す。

 後半に入ってなかなかチャンスを作れない広島。80分、浅野を下げて森崎浩司を投入。森崎浩は今季初出場となった。終了間際にはFCソウルの追い上げに遭う。89分、PKを献上すると、アドリアーノにゴール左隅へ決められ、1点差。後半アディショナルタイムには、GK増川がミドルシュートを弾き返したところに、こぼれ球を詰められたが、オフサイドの判定でノーゴールとなった。直後に終了のホイッスルが鳴り、広島が2-1で勝利を収めた。

 広島は、13日に行われるJ1ファーストステージ第11節で柏レイソルをホームに迎える。

【スコア】
サンフレッチェ広島 2-1 FCソウル

【得点者】
1-0 27分 浅野拓磨(広島)
2-0 39分 皆川佑介(広島)
2-1 89分 アドリアーノ(PK)(FCソウル)

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
64pt
川崎F
59pt
柏レイソル
53pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
77pt
福岡
68pt
長崎
67pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
52pt
沼津
47pt
秋田
46pt
Jリーグ順位をもっと見る