FOLLOW US

G大阪がACL敗退…日本勢残り3クラブのグループ突破条件とは?

左上から時計回りにG大阪、浦和、広島、FC東京 [写真]=Getty Images

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)は、19日と20日にかけてグループステージ第5節が行われ、決勝トーナメント進出に向けて大詰めを迎えている。Jリーグ勢は、サンフレッチェ広島ガンバ大阪浦和レッズFC東京の4チームが出場しているが、現時点での成績と突破条件をおさらいする。

 G大阪が所属するグループGでは、19日に一足早く第5節が行われた。第4節終了時点で2分け2敗と勝ちがなく、グループ最下位に沈んでいたG大阪は水原三星をホームに迎えての一戦。負ければ敗退が決める一戦だったが、1-2と敗れて1試合を残してグループステージ敗退が決定してしまった。

 アウェーで行われた第4節江蘇蘇寧戦で勝利を収め、グループEの首位に立つFC東京。4位のビン・ズオンまで勝ち点3差と混戦となっている同グループだが、20日に行われる第5節全北現代戦に勝てば、グループステージ突破が決定する。引き分けでも自力での決勝トーナメント進出を残すことができるが、負ければ一気に3位に沈む可能性があり、気を緩めることはできない。

 グループFの広島は、開幕2試合を連敗でスタートする苦しい序盤戦となったが、ブリーラム・ユナイテッドに2連勝を飾り、現在勝ち点6で3位につけている。アウェーでの第5節山東魯能戦に敗れると、1試合を残しての敗退が決定してしまうが、逆に勝てば2位に浮上できる重要な一戦となる。

 Jリーグ勢で最も突破に近いと考えられるのは、グループHに所属する浦和。グループ2位ではあるが、19日に行われた第5節で3位浦項スティーラーズが広州恒大に敗れたため、敵地での首位シドニーFC戦に引き分け以上に持ち込めば決勝トーナメント進出が決まる。敗れた場合でも最終節で引き分け以上ならば突破が決まることから、残り2試合で勝ち点1を積み上げれば良い計算となる。

■ACL決勝トーナメント進出条件
(勝ち点で並んだ場合、当該チーム同士の対戦成績を優先)

FC東京
(第5節で○) → 突破決定
(第5節に△以下)かつ(第6節○) → 突破決定
(第5節△以下)かつ(第6節△以下) → 他チームの戦績次第

▼広島
(第5節○)かつ(第6節で山東魯能以上の戦績) → 突破決定
(第5節△)かつ(第6節○) → 他チームの戦績次第

▼浦和
(第5節△以上) → 突破決定
(第5節●)かつ(第6節△以上) → 突破決定

■ACLグループステージ順位表と残り試合の日程(4月19日終了時点)

・グループE(第4節終了時)
1 FC東京(勝ち点7/得失点差2)
2 全北現代(勝ち点6/得失点差1)
3 江蘇蘇寧(勝ち点5/得失点差0)
4 ビン・ズオン(勝ち点4/得失点差-3)

▼第5節(20日開催)
FC東京 vs 全北現代
江蘇蘇寧 vs ビン・ズオン

▼第6節(5月4日開催)
全北現代 vs 江蘇蘇寧
ビン・ズオン vs FC東京

・グループF(第4節終了時)
1 FCソウル(勝ち点10/得失点差12)
2 山東魯能(勝ち点7/得失点差1)
3 サンフレッチェ広島(勝ち点6/得失点差1)
4 ブリーラム・ユナイテッド(勝ち点0/得失点差-14)

▼第5節(20日開催)
FCソウル vs ブリーラム
山東魯能 vs 広島

▼第6節(5月4日開催)
広島 vs FCソウル
ブリーラム vs 山東魯能

・グループG(第5節終了時)
1 上海上港(勝ち点12/得失点差5)
2 メルボルン・ビクトリー(勝ち点6/得失点差-1)
3 水原三星(勝ち点6/得失点差0)
4 ガンバ大阪(勝ち点2/得失点差-4)

▼第6節(5月3日開催)
メルボルン vs G大阪
水原三星 vs 上海上港

・グループH(第4節終了時)
1 シドニーFC(勝ち点9/得失点差1)
2 浦和レッズ(勝ち点7/得失点差2)
3 広州恒大(勝ち点5/得失点差0)※第5節まで消化
4 浦項スティーラーズ(勝ち点4/得失点差-3)※第5節まで消化

▼第5節(20日開催)
シドニーFC vs 浦和

▼第6節(5月4日開催)
浦和 vs 浦項スティーラーズ
広州恒大 vs シドニーFC

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA