FOLLOW US

G大阪、広州恒大を崩し切れずドローでACL準決勝敗退…7年ぶり決勝逃す

広州恒大戦に先発出場した遠藤保仁(左) [写真]=Getty Images

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)準決勝セカンドレグが21日に行われ、ガンバ大阪と広州恒大が対戦した。

 G大阪は9月30日に敵地で行われたファーストレグを1-2で落とした。しかし、アウェーゴールを奪ったため、この試合を1-0、もしくは2点差以上で勝つことができれば、優勝した2008年以来7年ぶりの決勝進出が決まる。G大阪はFW宇佐美貴史をベンチに置き、MF二川孝広をスタメンに入れた。一方、広州恒大はFWエウケソン、MFパウリーニョ、MFリカルド・グラルら強力な攻撃陣がスタメンに名を連ねた。

 試合は序盤から広州恒大がしっかりと引いてブロックを作り、カウンターからチャンスをうかがう。9分、チョン・ロンがエリア外で胸トラップして右足でロングシュートを放ったが、ここは枠の右上に外れた。続く24分、中盤でボールを奪うと、エウケソンがエリア手前左から左足でミドルシュートを放ったが、ここはGK東口順昭がなんとかキャッチした。

 ここまでなかなかシュートに持ち込めていなかったG大阪。30分、高い位置で遠藤保仁がパウリーニョからボールを奪うと、エリア手前の倉田秋へパス。一度ターンして右足ミドルシュートを狙ったが、ここはゴール右に外れてしまった。

 広州恒大はセットプレーから好機を作る。36分、左CKからフアン・ボーウェンがクロスボールを上げると、ニアに飛び込んだリカルド・グラルがヘディングでスラしたが、ファーサイドに詰める選手はいなかった。

 さらに43分、広州恒大が高い位置でボールを奪うと、エリア内でパスを受けたチョン・ロンが右に流し、フリーのエウケソンがエリア内右から右足シュートを狙ったが、GK東口が横っ飛びでなんとかセーブ。ビッグプレーで得点を許さない。前半はG大阪がしっかりと守りきり、0-0のまま終了を迎えた。

 後半立ち上がりの52分、広州恒大が再びチャンスを迎える。エリア内左でリカルド・グラルからパスを受けたエウケソンがシュート右足でゴール左上を狙ったが、わずかに枠の上に外れてスコアは動かなかった。

 勝負を仕掛けるG大阪は、60分に阿部浩之を下げて宇佐美を投入。1点を奪いに出る。

 66分、広州恒大はエリア左でボールを持ったリカルド・グラルが右足で強烈なミドル。急激に落ちるボールになったが、ここはわずかに枠の上だった。

 G大阪は70分、左サイドに抜け出した藤春廣輝が深い位置まで持ち込み、マイナスの折り返し。これを倉田がダイレクトで合わせたが、相手DFにブロックされてしまった。

 86分、G大阪は倉田に替えて長沢駿を投入し、前線の枚数を増やした。一方、広州恒大は88分にエウケソンを下げてメイ・ファンを入れ、守りを固めに入る。試合はこのまま0-0で終了のホイッスルを迎え、G大阪は2試合合計1-2でベスト4敗退となり、7年ぶりの決勝進出を逃した。一方、逃げ切った広州恒大は、初制覇を果たした2013年以来、2年ぶりの決勝進出となった。

 広州恒大は決勝でUAEのアル・アハリと対戦。11月7日にアル・アハリのホームでファーストレグが、同21日に広州恒大のホームでセカンドレグが行われる。

【スコア】
ガンバ大阪 0-0(2試合合計:1-2)広州恒大

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA