FOLLOW US

公式戦3連敗…浦和主将・阿部勇樹、サポーターに涙の約束

試合後、サポーターに訴えかける阿部 [写真]=兼子愼一郎

「とりあえず一つ勝とう! そのために一緒に戦おう!」

 公式戦3連敗となった浦和レッズのキャプテン阿部勇樹が、試合後のスタジアムで涙ながらにサポーターに勝利を約束した。

 アジアとJリーグの二冠を狙って大型補強を敢行した浦和だが、4日に行われたAFCチャンピオンズリーグのブリスベン・ロアー戦では前半立ち上がりに不用意な失点。後半に退場者を出して数的不利となって敗戦を喫した。これでJリーグ開幕前にまさかの公式戦3連敗。昨シーズン終盤の大失速でリーグ優勝を逃していたこともあり、新シーズンに大きな期待を寄せていたサポーターを失望させる結果となってしまった。

 試合後、テレビ中継のインタビュー対応で一人遅れて場内あいさつへ向かった阿部に対し、ゴール裏のサポーターから辛辣な言葉が飛ぶと、キャプテンの阿部がジェスチャーを交えながらサポーターの下へ足を運び、熱い気持ちで自らの思いを伝えた。最初はスポンサーボードの内側から人差し指を立てながら声を張り上げていたが、うまく届かないと感じたのかボードを乗り越えてゴール裏スタンド下へ移動。そこから何度も人差し指を突き上げて、「まずは一つ勝とう!」と叫び、「次は絶対に勝つから!」と涙を浮かべながら埼玉スタジアムへ駆けつけたサポーターに勝利を約束した。

 試合後、テレビカメラの前に立った際にも目をうっすらと充血させ、言葉を選びながら口を開いていた阿部。ミックスゾーンでサポーターとのやりとりについて聞かれると、「ブーイングを受けるのは当然だと思っているし、熱くなってしまったことは反省しています」と前置きしながら、「勝てなかったのは本当に悔しい。でも、それが僕らだけでなく、来てくださった方も同じくらい悔しいということが今日改めて分かった」とコメント。「(ACLは)あと4試合あるからという言葉もいただきましたけど、まず一つ勝たなければ意味がないので、そのために『俺たちも全力で戦うから、一緒に戦っていこう』と話しました。3試合勝っていないのでネガティブな意見もあるでしょうけど、僕たちはそれでも前を向いて戦っていかなければならない。結果が出せなかったことは悔しいけど、すべてが悪かったわけではない。何か理由があって勝てていないと思うし、負けたことについては考えることは必要だと思いますけど、こういう状況だからこそ上を向いて戦っていかなければならないと思っています」と心情を吐露した。

 今回のサポーターとのコミュニケーションががポジティブな要素になるのかどうかと聞くと、「次は必ず勝つって言っちゃったんで勝つしかないです」と苦笑いを浮かべた後、「簡単な相手ではないですけど、気持ちの入ったプレーを出すしかないと思っています。ブーイングは一緒に戦う気持ちでいてくれるからこそ出ていると思うんで、僕らもそういう声援に応えなきゃいけない」と表情を引き締めた。

 優勝候補が陥ったまさかのスランプ。「自分たちのサッカーに必要な運動量、意外性のあるプレー、コンビネーションを含め4年間やってきたものを見せなければいけない」と語るキャプテンの思いは、チームを、そしてサポーターをどう動かすのか。次の試合では、結果とともに気持ちの伝わるプレーが求められる。浦和がリーグ屈指の戦力を持っていることは間違いない。勝利に餓えた“手負いの虎”が、一戦必勝の思いで湘南ベルマーレとの開幕戦に挑む。

文=青山知雄



SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO