2014.05.14

ACLで日本勢が全滅…2008年以降、6年間優勝から遠ざかる

J1王者の広島も、ベスト8に届かなかった [写真]=Getty Images

 AFCチャンピオンズリーグ・決勝トーナメント1回戦セカンドレグが13日と14日に行われた。日本勢は勝ち残っていた3チーム全てが、ベスト16で敗退した。

 昨季のJ1王者であるサンフレッチェ広島は、敵地でオーストラリアのウェスタン・シドニー・ワンダラーズと対戦したが、0-2と完封負け。ファーストレグで3-1と先勝していたが、2試合合計スコアで3-3と追いつかれ、アウェーゴール差で下回ったことで敗退が決まった。

 韓国のFCソウルとのアウェー戦に臨んだ川崎フロンターレは、2-1と逆転勝利を収めた。ところが、ファーストレグで2-3と敗れていたことが響き、2試合合計スコアで4-4と並んだが、アウェーゴール差によって、2009年以来となる3回目のベスト8入りを逃した。

 セレッソ大阪は、前回王者である中国の広州恒大の敵地に乗り込み、1-0と勝利を収めた。しかし、ホームでのファーストレグで1-5と大敗していたため、2試合合計スコアで2-5と下回り、ベスト8進出とはならなかった。

 日本勢がベスト16で全滅したのは、2012年以来2年ぶり。2008年にガンバ大阪が優勝してから、6年間にわたってアジア制覇から遠ざかることになった。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
63pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
63pt
鹿児島
54pt
群馬
51pt
Jリーグ順位をもっと見る