FOLLOW US

C大阪、ACL前回王者・広州恒大にホームで5失点大敗…ベスト8進出厳しく

ムリキ(左)と競り合う山下(右) [写真]=ChinaFotoPress via Getty Images

 AFCチャンピオンズリーグ・決勝トーナメント1回戦ファーストレグが6日に行われ、セレッソ大阪と中国の広州恒大が対戦した。

 ベスト8に進んだ2011年以来、3年ぶり2度目の決勝トーナメントとなったC大阪は、直近のリーグ戦で揃って得点した柿谷曜一朗やディエゴ・フォルランらが先発。前回大会王者の広州恒大は、アレッサンドロ・ディアマンティ、エウケソン、ムリキの強力な攻撃陣がスタメンに名を連ねた。

 試合はアウェーの広州恒大が優勢に進める中、迎えた22分、ディアマンティのスルーパスから抜け出したムリキが決めて、先制に成功する。一方のC大阪は徐々にペースを掴むと30分、フォルランが右サイドからのグラウンダーのクロスを中央へ送ると、走りこんだ長谷川アーリアジャスールが、右足でゴール左へ流し込み、同点とする。

 しかし直後の34分、ペナルティエリア内で染谷悠太がエウケソンを倒して、PKを献上。エウケソン自身で沈めて、広州恒大が勝ち越す。広州恒大は3分後、左サイドの浅い位置でFKを獲得すると、エウケソンがヘディングシュートでネットを揺らし、C大阪を突き放す。

 後半からC大阪は染谷と藤本康太を下げ、南野拓実酒本憲幸を投入する。しかし状況の打開できないC大阪は63分に扇原貴宏に代えて杉本健勇を送り出し、交代枠を使い切る。ゴールに迫ることのできないC大阪に対し、広州恒大は78分、カウンターから途中出場のガオ・リンが決めて、決定的な4点目を獲得。

 さらに84分には、またもカウンターから左サイドのクロスにムリキが飛び込み、チーム5点目を獲得。試合はそのまま終了し、5-1で広州恒大が大勝した。

 本拠地で完敗を喫したC大阪。セカンドレグは広州恒大のホームで13日に行われる。

【スコア】
セレッソ大阪 1-5 広州恒大

【得点者】
0-1 22分 ムリキ(広州恒大)
1-1 30分 長谷川アーリアジャスール(C大阪)
1-2 34分 エウケソン(PK)(広州恒大)
1-3 37分 エウケソン(広州恒大)
1-4 78分 ガオ・リン(広州恒大)
1-5 84分 ムリキ(広州恒大)

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA