2014.05.06

C大阪、ACL前回王者・広州恒大にホームで5失点大敗…ベスト8進出厳しく

山下達也
ムリキ(左)と競り合う山下(右) [写真]=ChinaFotoPress via Getty Images

 AFCチャンピオンズリーグ・決勝トーナメント1回戦ファーストレグが6日に行われ、セレッソ大阪と中国の広州恒大が対戦した。

 ベスト8に進んだ2011年以来、3年ぶり2度目の決勝トーナメントとなったC大阪は、直近のリーグ戦で揃って得点した柿谷曜一朗やディエゴ・フォルランらが先発。前回大会王者の広州恒大は、アレッサンドロ・ディアマンティ、エウケソン、ムリキの強力な攻撃陣がスタメンに名を連ねた。

 試合はアウェーの広州恒大が優勢に進める中、迎えた22分、ディアマンティのスルーパスから抜け出したムリキが決めて、先制に成功する。一方のC大阪は徐々にペースを掴むと30分、フォルランが右サイドからのグラウンダーのクロスを中央へ送ると、走りこんだ長谷川アーリアジャスールが、右足でゴール左へ流し込み、同点とする。

 しかし直後の34分、ペナルティエリア内で染谷悠太がエウケソンを倒して、PKを献上。エウケソン自身で沈めて、広州恒大が勝ち越す。広州恒大は3分後、左サイドの浅い位置でFKを獲得すると、エウケソンがヘディングシュートでネットを揺らし、C大阪を突き放す。

 後半からC大阪は染谷と藤本康太を下げ、南野拓実と酒本憲幸を投入する。しかし状況の打開できないC大阪は63分に扇原貴宏に代えて杉本健勇を送り出し、交代枠を使い切る。ゴールに迫ることのできないC大阪に対し、広州恒大は78分、カウンターから途中出場のガオ・リンが決めて、決定的な4点目を獲得。

 さらに84分には、またもカウンターから左サイドのクロスにムリキが飛び込み、チーム5点目を獲得。試合はそのまま終了し、5-1で広州恒大が大勝した。

 本拠地で完敗を喫したC大阪。セカンドレグは広州恒大のホームで13日に行われる。

【スコア】
セレッソ大阪 1-5 広州恒大

【得点者】
0-1 22分 ムリキ(広州恒大)
1-1 30分 長谷川アーリアジャスール(C大阪)
1-2 34分 エウケソン(PK)(広州恒大)
1-3 37分 エウケソン(広州恒大)
1-4 78分 ガオ・リン(広州恒大)
1-5 84分 ムリキ(広州恒大)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
57pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
69pt
町田
68pt
大分
66pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
56pt
鹿児島
45pt
沼津
44pt
Jリーグ順位をもっと見る