FOLLOW US

ACLベスト8進出へ、C大阪ポポヴィッチ監督「これ以上ない相手」

セレッソ大阪のランコ・ポポヴィッチ監督 [写真]=Getty Images

 セレッソ大阪は、6日に行なわれるAFCチャンピオンズリーグ・ラウンド16第1戦で前回優勝の広州恒大と対戦する。試合を控えた5日、ランコ・ポポヴィッチ監督が前日会見に臨んだ。

 相手が前回王者であることについて「私たちにとっては、非常にいい機会だと思っている。自分たちの力を試す上で、これ以上ない相手だ」とコメント。自分たちを挑戦者としながらも、「ベスト16を突破してベスト8に行くために、自分たちの力を出し切って、結果を出したい」と勝利への意気込みを語った。

 2年前、FC東京の指揮官としてポポヴィッチ監督は、広州恒大と対戦し敗れている。当時のことを振り返りながら、「プレッシャーはなく、非常に楽しみにしている。お互いが力を尽くして、クオリティの高い試合にしたいと思っている」とコメントした。

 セレッソは、3日に行われたJ1第11節の名古屋グランパス戦で2-1と勝利している。リーグ戦開幕から10試合無得点となっていた、日本代表FW柿谷曜一朗が今季初ゴールを決める場面もあり、「チームは試合を重ねるごとに、コンビネーションや質の部分が非常に良くなってきている。勝つためにチャレンジしていきたい」と好調もアピールした。

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA