2014.04.24

ACLベスト16が決定…日本・韓国・サウジが最多3チーム送り込む

広州恒大
昨年のACLを制した広州恒大 [写真]=Getty Images

 AFCチャンピオンズリーグ・グループステージの全日程が終了し、決勝トーナメント進出を決めた16チームが出揃った。

 日本からはサンフレッチェ広島、セレッソ大阪、川崎フロンターレの3チームがグループステージを突破。日本から3チームが進出したのは2012年以来2大会ぶりとなった。

 前回大会王者の広州恒大(中国)や準優勝のFCソウル(韓国)、小野伸二所属のウェスタン・シドニー・ワンダラーズ(オーストラリア)などが東アジア勢ではベスト16に駒を進めた。また、西アジアではアル・アイン(UAE)やアル・イテハド(サウジアラビア)、元スペイン代表FWラウル・ゴンサレス所属のアル・サッド(カタール)といった大会優勝経験のあるチームが勝ち抜けている。

 国別で見ると日本と韓国、サウジアラビアが3チームずつをベスト16に送り出し、最多となった。

 決勝トーナメント1回戦はホームアンドアウェーで行われ、ファーストレグが5月6、7日、セカンドレグが5月13、14日に行われる。

 各グループの最終順位と決勝トーナメント1回戦の組み合わせは以下のとおり。

■グループステージ順位

▼グループA
1位 アル・シャバブ(サウジアラビア/勝ち点15)
2位 アル・ジャジーラ(UAE/勝ち点10)
3位 エステグラル(イラン/勝ち点7)
4位 アル・ラーヤン(カタール/勝ち点3)

▼グループB
1位 フーラード・フーゼスターン(イラン/勝ち点14)
2位 ブニョドコル(ウズベキスタン/勝ち点8)
3位 アル・ジャイシュ(カタール/勝ち点8)
4位 アル・ファトフ(サウジアラビア/勝ち点2)

▼グループC
1位 アル・アイン(UAE/勝ち点11)
2位 アル・イテハド(サウジアラビア/勝ち点10)
3位 レフウィヤ(カタール/勝ち点7)
4位 トラークトゥール・サーズィー・タブリーズ(イラン/勝ち点5)

▼グループD
1位 アル・ヒラル(サウジアラビア/勝ち点9)
2位 アル・サッド(カタール/勝ち点8)
3位 アル・アハリ(UAE/勝ち点7)
4位 セパハン(イラン/勝ち点5)

▼グループE
1位 浦項スティーラース(韓国/勝ち点12)
2位 セレッソ大阪(日本/勝ち点8)
3位 ブリーラム・ユナイテッド(タイ/勝ち点6)
4位 山東魯能(中国/勝ち点5)

▼グループF
1位 FCソウル(韓国/勝ち点11)
2位 サンフレッチェ広島(日本/勝ち点9)
3位 北京国安(中国/勝ち点6)
4位 セントラルコースト・マリナーズ(オーストラリア/勝ち点6)

▼グループG
1位 広州恒大(中国/勝ち点10)
2位 全北現代(韓国/勝ち点8)
3位 メルボルン・ビクトリー(オーストラリア/勝ち点8)
4位 横浜F・マリノス(日本/勝ち点7)

▼グループH
1位 ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ(オーストラリア/勝ち点12)
2位 川崎フロンターレ(日本/勝ち点12)
3位 蔚山現代(韓国/勝ち点7)
4位 貴州人和(中国/勝ち点4)

■決勝トーナメント1回戦組み合わせ(左がファーストレグホーム)

セレッソ大阪(日本) vs 広州恒大(中国)
全北現代(韓国) vs 浦項スティーラース(韓国)
アル・イテハド(サウジアラビア) vs アル・シャバブ(サウジアラビア)
アル・ジャジーラ(UAE) vs アル・アイン(UAE)
サンフレッチェ広島(日本) vs ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ(オーストラリア)
川崎フロンターレ(日本) vs FCソウル(韓国)
ブニョドコル(ウズベキスタン) vs アル・ヒラル(サウジアラビア)
アル・サッド(カタール) vs フーラード・フーゼスターン(イラン)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る