FOLLOW US

川崎のDF中澤聡太、ACL通算38試合出場で日本人単独トップに

 AFCチャンピオンズリーグ・グループステージ最終節が22日に行われ、グループHでは川崎フロンターレと韓国の蔚山現代が対戦。3-1と快勝し、グループ2位で決勝トーナメント進出を決めた。

 フル出場したDF中澤聡太は、ACL通算出場試合数が38試合となり、日本選手単独トップとなった。中澤と37試合で並んでいた2位は、ガンバ大阪に所属するMF二川孝広。3位は35試合で、ともにガンバ大阪のMF遠藤保仁とMF明神智和となっている。

 中澤は、G大阪に在籍していた2008年から2012年までACLでの出場経験があった。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA