FOLLOW US

柿谷ACL 3戦連発、南野2得点、フォルラン初ゴール…C大阪が大会初白星

ブリーラム戦で先制点を決めた柿谷 [写真]=Getty Images

 AFCチャンピオンズリーグ・グループステージ第3節が18日に行われ、グループEではセレッソ大阪とタイのブリーラム・ユナイテッドが対戦した。

 1分1敗でグループ最下位のC大阪はホームでの一戦に、柿谷曜一朗やディエゴ・フォルランといったメンバーを先発で送り出す。ブリーラムは、日本人FW平野甲斐らがスタメンとなった。

 開始3分、C大阪は右サイドの深い位置から山口蛍が戻したボールを酒本憲幸が低く速いクロス。ニアサイドに走りこんだ柿谷が、右足のダイレクトボレーでうまく合わせ、GKの股間を抜くシュートでネットを揺らし、先制に成功する。柿谷はACLで3試合連続ゴールとなった。

 34分には、左サイドの丸橋祐介から、大きなボールが逆サイド前線に展開されると、フリーの南野拓実がペナルティエリア内で追いかけてきたDFを冷静に切り返しでかわし、左足で流し込み、追加点を獲得した。

 後半に入ってからもC大阪は試合を優位に進めていく。70分にブリーラムはFKから飛び出したプラトゥム・チュトンがヘディングでコースを変えてネットを揺らしたが、オフサイドで得点ならず。76分にC大阪は柿谷からペナルティエリア内左の長谷川アーリアジャスールに渡り、中央へのパスを受けたフォルランがGKと1対1になりかけたが、DFのタックルが間に合った。

 83分、C大阪は扇原貴宏からのパスをエリア内左で受けた南野が、角度のないところから左足を振り抜くと、ニアサイドを破り、チーム3点目を獲得。終了間際にはフォルランがエリア内左から右足でゴール右サイドネットを揺らす来日初ゴールが決まり、C大阪が4-0で勝利した。

 大会初勝利を挙げたC大阪は1勝1分1敗とした。2日に行われる第4節では、アウェーでブリーラムと再び対戦する。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO