2014.02.21

ACLに向けて意気込みを語る柿谷「アジアでの優勝は素晴らしい」

会見に出席した4選手

 Jリーグは21日、「2014 Jリーグ キックオフカンファレンス」を都内で行い、J1とJ2、J3の全52クラブの監督と代表選手が一堂に会した。

ACL(AFCアジアチャンピオンズリーズ)に出場する川崎フロンターレの中村憲剛、横浜F・マリノスの藤本淳吾、セレッソ大阪の柿谷曜一朗、サンフレッチェ広島の青山敏弘がそれぞれ会見で意気込みを語った。

川崎フロンターレ 中村憲剛選手
「フロンターレとしては2010年以来、4シーズンぶりにACLに出場することになり、当時とはメンバーも変わり、新しいフロンターレとしてアジアの舞台に立てることをとてもうれしく思います。ACLは何が起きてもおかしくない場所なので、負けないメンタルをつけたい。一戦一戦力を出し切り、予選を突破できるように頑張っていきたいと思います」

横浜F・マリノス 藤本淳吾選手
「個人的には移籍してきたばかりですが。チーム全員の質を上げ、できるだけアウェーで勝ち点をとりたい。チームとしては厳しいリーグとなりますが、全力で戦いグループリーグを突破できるように頑張ります」

セレッソ大阪 柿谷曜一朗選手
「昨年、全力で3チームを(天皇杯で)応援した甲斐があり、自分たちも出れることになりました。アジアでの優勝は素晴らしいことだと思うので、準決勝でJリーグのチームが残っていることを願って、C大阪も頑張ります。最後は僕たちが優勝できるように頑張ります」

サンフレッチェ広島 青山敏弘選手
「昨年に引き続き、3度目の出場ですが、まだグループリーグ突破をしていないので、まずはそこを目標にやっていきたいと思います。日本のチャンピオンとして、アジアでも1番を目指したいと思います」

ACL(AFCアジアチャンプオンズリーグ)は、2月25日(浦項スティーラーズ(韓国)対 セレッソ大阪、サンフレッチェ広島 対 北京国安(中国)、26日(全北現代モータース(韓国) 対 横浜F・マリノス、川崎フロンターレ 対 貴州人和(中国))より、グループリーグ初戦が始まる。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
サッスオーロ
10pt
SPAL
9pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
55pt
川崎F
49pt
FC東京
42pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
61pt
町田
60pt
大分
57pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
44pt
鹿児島
43pt
沼津
40pt
Jリーグ順位をもっと見る