FOLLOW US

レジスタFCが圧倒的な攻撃力と我慢強い守備で関東王者に! 『JA全農杯全国小学生選抜サッカーIN関東』

レジスタFCが『JA全農杯全国小学生選抜サッカーIN関東』を制した [写真]=日刊スポーツ

 4月10日、11日の2日間にわたり、群馬県前橋市にあるコーエィ前橋フットボールセンターにおいて『JA全農杯全国小学生選抜サッカーIN関東』が開催された。

 この大会は、8人制であることは他の4種の試合と同じだが、試合形式は通常の前・後半ではなく、12分×3ピリオドで行われる。第1ピリオドと第2ピリオドでは選手を完全に入れ替えるため、1チームあたり16名が必ずプレーしなければならない。また、5分間の休憩を挟んで行われる第3ピリオドはどの選手が出てもいいため、選手の頭数をどのようにそろえ、どのように起用するかが大きなカギとなる。

 出場したのは茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県の各都県サッカー協会から推薦された16チーム(各都県2チームずつ)。初日は4チームずつ4つのパートに分かれてのグループステージ、2日目はグループステージの上位2チームずつによる決勝トーナメント、そして3位、4位グループによる順位決定トーナメントが行われ、選手たちが晴天の下ではつらつとしたプレーを見せた。

 初日のグループステージの結果、Aパートからはファナティコス(群馬)とバディーSC(神奈川)、Bパートからは柏レイソルU-12(千葉)とフォルトゥナU-12(山梨)、Cパートからは三菱養和SC巣鴨ジュニア(東京)と鹿島アントラーズジュニア(茨城)、DパートからはレジスタFC(埼玉)とヴェルフェ矢板U-12(栃木)が勝ち上がり、決勝トーナメントを戦うことになった。

 そして準々決勝、準決勝を制して決勝に進んだのは、三菱養和SC巣鴨ジュニアとレジスタFCだった。三菱養和SC巣鴨ジュニアは準々決勝でヴェルフェ矢板U-12と対戦。相手のフィジカルに苦戦しながらも1-1で乗り切り、PK戦2-1で勝ち上がると、準決勝のファナティコス戦では第3ピリオドに伊藤優が奪った1点を守りきって決勝へと駒を進めた。

 一方のレジスタFCは準々決勝で鹿島アントラーズジュニアを5-0と圧倒。準決勝では柏レイソルU-12と激闘を繰り広げ、2-2で3分ハーフの延長戦へ。その後半最初のプレーで、中城勉監督が「体力が尽きることを知らない」と評する藤澤開次が猛然とゴール前に走り込んでヘディングシュートを決め、Jクラブの下部組織に連勝して決勝の舞台へと辿り着いた。

 迎えた決勝は、第1ピリオドからレジスタFCがペースを握った。開始早々の富居秀信のゴールはオフサイドの判定となったが、その後も攻め続け、5分にはCKから蛭田活が頭で押し込み先制する。三菱養和SC巣鴨ジュニアは9分、監物遼大がFKで直接ゴールを狙ったが、相手GKにキャッチされて決定機にはならず。レジスタFCの1点リードで第1ピリオドが終わる。

 第2ピリオドもレジスタFCペースは変わらなかった。「今年のチームは選手がそろっているので、誰が出てもバランスよく、彼らの特徴を生かしながら戦える」と中城監督が語るとおり、第1ピリオドを上回る勢いで攻め込んでいく。キックオフ早々にCKからチャンスを作ると、直後に藤澤が巧みなボールタッチで相手をかわしてシュートを決め、リードを広げる。その後も藤澤や双子の山﨑宏太・佑太らが何度もゴールに迫り、三菱養和SC巣鴨ジュニアに反撃の糸口を与えない。

 最終の第3ピリオドも、開始早々に山﨑宏太がポスト直撃のシュートを放ち、跳ね返りを藤澤が押し込み3点目。コートチェンジ直後には山﨑佑太がダメ押しゴールを奪い、4-0の快勝で大会を締めくくった。

レジスタFC

[写真]=日刊スポーツ

 圧倒的な攻撃力を見せつけて関東チャンピオンとなったレジスタFCだが、中城監督は「苦しい時間帯でも我慢強く対応してくれた後ろの選手たちの力が大きい。それがあったから得点を重ねることができた」と球際の激しさを発揮して失点を防いだ守備陣に賛辞を送り、「苦しいゲームを3試合乗り越えたのは彼らにとっていい経験になった」と2日目の3試合を振り返った。

 また、決勝で何度もチャンスに絡み、関東大会制覇に貢献した五十嵐陵キャプテンは「とてもうれしいです。最後まで諦めずに優勝を目指そうとみんなで話していて、実際にそれを達成できたのでよかったです」と笑顔を見せた。

 一方、三菱養和SC巣鴨ジュニアの山本信夫監督は「ボールスキルや状況判断のレベルを上げないと、強いチームと互角には戦えないですね」としつつ、「大会を通じていいチームとたくさん試合ができた。緊迫感のある中でプレーしたことが成長に繋がると思います」と総括した。

 なお、決勝と同時進行で行われた3位決定戦ではファナティコスと柏レイソルU-12が対戦。2-2で3ピリオドと延長戦を終え、PK戦3-1で柏レイソルU-12が勝利した。優勝したレジスタFC、準優勝の三菱養和SC巣鴨ジュニア、3位の柏レイソルU-12は、5月3日から5日にかけて神奈川県横浜市で開催される『JA全農チビリンピック2021JA全農杯全国小学生選抜サッカー決勝大会』に関東代表として出場する。

 レジスタFCの中城監督は「選手たちは『日産スタジアムで試合をしたい』を合言葉にしているので、今回の結果に満足せず、そこに向けて切磋琢磨していきたいです」とコメント。今大会通算9ゴールを挙げた藤澤は「絶対に優勝したい。チームに貢献できるようなゴールを決めたい」と決意を新たにした。

 三菱養和SC巣鴨ジュニアの山本監督も「また強いチームと試合ができるのは楽しみですし、いいゲームをして、選手として成長するためのステップになればいいなと思っています」と決勝大会に向けての抱負を語り、舘鼻健人キャプテンは「決勝では負けてしまったけど、今大会でチームとして団結できたと思います。決勝大会に向けて、強い相手に負けないようしっかりトレーニングします」と再起を誓った。

文=池田敏明

 全国9地区で開催される『JA全農杯全国小学生選抜サッカー』の模様は@zennoh_sportsにてTwitter速報を実施。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO