FOLLOW US

立花友佑がツアー初優勝、フットゴルフジャパンツアーが山口で初開催

ツアー初優勝を飾った立花友佑

 フットゴルフジャパンツアー2019の山口周南オープンが26日、徳山国際カントリー倶楽部で開催され、一般の部で立花友佑がツアー初優勝。2位には小林隼人が入った。

 立花がフットゴルフを始めて1年半にして初勝利を挙げた。この日の立花は、2番でボギーを叩くが、5番で初バーディをマークするとその後も着実にスコアを伸ばし、池越えの16番パー3ではホール・イン・ワン。最終18番もバーディとし9アンダー61で、小林とともにプレーオフに突入した。

 1ホールで争われたプレーオフを小林と分けた立花は、ペナルティ・シュートアウト(サッカーのPK戦のように決められた場所から交互にパットを5回行いカップインした数で競う)になると1-0で勝利。互いになかなかパットが決まらない展開となったが、同ツアー初となる山口開催で有終の美を飾った。

 一方、シニアの部では大塚有尋が3アンダー67で回り優勝。前回の群馬オープンではプレーオフ負けを喫したが、その雪辱を果たした。また女子の部では山野香織が、1オーバー71で、群馬オープンに続きツアー連勝を果たしている。

 次回のジャパンツアーは、FIFG50 Shields Openが6月15日に栃木県のTBC太陽クラブで開催予定となっている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA