FOLLOW US

DHLが浦和とのトップパートナーシップ契約を延長、13年目の取り組みへ

 国際航空貨物輸送会社、DHLジャパン株式会社は、浦和レッズ、とのトップパートナーシップ契約延長を発表した。2019シーズンで13年目の取り組みとなる。

<以下、リリースをそのまま掲載>

 DHLジャパン株式会社 代表取締役社長の山川丈人は、「優れたパフォーマンスを上げることで、戦う領域が日本から、アジア、そして世界へと広がるのは、ビジネスとスポーツに共通する筋書きと言えます。これまで、いかなる状況でもより良い結果を求めベストを尽くしてきた浦和レッズを、引き続き、2019年シーズンアジア王者を目指す戦いにおいて支援できることを大変嬉しく思います」と述べています。

 浦和レッドダイヤモンズ代表取締役社長の淵田 敬三氏は「ACL出場権は、パートナー企業のみなさま、ファン・サポーター、ホームタウン、そして 浦和レッズにかかわるすべてのみなさまとチームがひとつになって勝ち取ったものです。世界規模でビジネスを展開しているDHLからの心強いサポートをいただき、リーグ制覇、アジア制覇を目指し、最後まで諦めずに、全力で戦っていきたいと思います」と述べています。

 今回の契約延長により、引き続き同チームの国内公式試合ユニフォームショーツおよびプラクティスウェア(練習着)の背面や浦和レッズのホームスタジアムである埼玉スタジアムにDHLロゴが掲出されます。DHLのトップパートナーシップは、2007年浦和レッズが日本勢として初めてアジアNo.1となったACL出場を機に開始され、現在に至ります。今年も、コアバリューとして掲げる「スピード」、「チームワーク」を両社で共有しながら、その体現に務め、さらなるパートナーシップの強化を図っていきます。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA