2018.09.04

日本サッカー協会が「ビズリーチ」でサッカー業界の変革を担う人事部長を募集

サッカー総合情報サイト

 株式会社ビズリーチが運営する「ビズリーチ」は、公益財団法人日本サッカー協会(JFA)の人事部長の公募を開始した。JFAは今後の日本サッカー界のさらなる飛躍と発展を推し進めていくため、2018年9月に大規模な組織変更を行い、今後も組織の基盤強化を進め、人事部門を強化し新たに「人事部」として独立させていくという。

 そこで今回「ビズリーチ」のサイト上に特設ページを開設。2018年9月4日から10月1日まで人事部長を募集する。

公募ページ

 以下、リリース掲載。

■プロ経営者を迎え、新戦略を掲げる日本サッカー協会
 先ごろ開催されたサッカーワールドカップ2018では、日本代表はベスト16に進出し、世界から注目を集めました。また、2019年の女子ワールドカップではなでしこジャパンが、その活躍を期待されています。

 このようななか、JFAは「JFAの約束2050」において、2050年までにサッカーファミリーが1,000万人になること、FIFAワールドカップを日本で開催し、日本代表チームがその大会で優勝することを目標に掲げています。そして、その目標を達成するために、2018年3月にGABA、キンコーズ・ジャパン、ベネッセ、ドミノ・ピザ ジャパンなどでCOOやCEOを歴任した須原清貴氏を専務理事に迎え、プロ経営者としての知見を生かして組織改革を始めています。

■日本サッカー界を変革する、“経営者的”人事部長を募集
 新体制となったJFAは、「サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する」という理念をこれまで以上に浸透させた、強い組織を作ろうとしています。今回JFAが募集する人事部長は、経営戦略にもとづいた組織改革を担うポジションです。社内に理念とビジョンを浸透させ、多様なステークホルダーとともにJFAのビジョンを実現するための組織を、自らが最前線に立って構築することが期待されます。そのため、人事部門の職務経験だけでなく“経営視点”を持った方が求められています。

公益財団法人日本サッカー協会 専務理事 須原 清貴(すはら きよたか)氏 コメント

「今回募集する“経営者的”視点を持つビジネスプロフェッショナルの方には、人事部長としてJFAという組織、および日本サッカー界の改革に全力で取り組んでいただきます。より優秀な人材を採用するためには“攻めの採用”が必要と感じ、即戦力採用の「ビズリーチ」で公募することにしました。

 JFAを、日本サッカー界をよりリードできる強い組織へと成長させるために、人事部長としてまずJFAメンバー一人一人の育成や、それぞれの力を引き出すための人事制度、さらには外部から優秀な人を採用することにも力を入れてもらいたいと考えています。

 JFAは、FIFA(国際サッカー連盟)から認められている、日本のサッカー界を統括する唯一の組織のため、関わるステークホルダーも多岐にわたります。多くの方を巻き込みながらJFAのビジョンを実現するための組織を自らが最前線に立って変革していく経験は、グローバル市場でも通用する得難い経験となるでしょう。そして経営者のような高い視座と問題解決能力が備わっていれば、JFAを、日本サッカー界をよりリードできる組織へと成長させていけると思います。この経験は即戦力のキャリアパスにとって貴重なものになると考えています。ぜひご応募をお待ちしています。」

■公募概要
・募集期間:2018年9月4日~10月1日
・応募方法:ビズリーチサイトから応募
・公募ページURL:https://www.bizreach.jp/content/589

▼募集職種名
人事部長

▼業務内容
:人事業務全般の企画立案、組織構築、採用・運営
・人事企画
・組織活性化(経営層と職員との意思疎通支援や働きやすい環境整備等)
・人員配置
・制度設計
・労務問題解決
・就業規則改訂

▼応募資格
【必須要件】
下記いずれかの要件に合致する方
・人事業務遂行の経験
・経営層直下での業務遂行経験
・人材会社での法人経営コンサルティング経験
【歓迎要件】
下記いずれかの要件に合致する方
・経営層とダイレクトに仕事をし、高いレベルのコミットを求められ、実行し、実績を上げた経験・労務管理を通し企業の生産性の向上や従業員に関するリスクの回避、軽減を図った経験

■公益財団法人日本サッカー協会
日本サッカー協会(JFA)は、日本のサッカーを統括する唯一の組織です。サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献することを理念に掲げて活動しています。具体的には、日本のサッカーの中核をなす「日本代表の強化」から「グラスルーツの推進」まで、老若男女、障がい者を含めた、サッカーをプレーする人、それを支え応援する人、他にも多くのサッカーに関わる人がスポーツを楽しめるよう、裾野の拡大を目指しています。約200名の事務局職員や専門委員会、関連団体とともに、競技会や各種フェスティバルの開催、サッカー選手・指導者や審判員の育成、国際渉外活動など幅広い活動を実施しています。
参照URL:http://www.jfa.jp/

■即戦力人材と企業をつなぐ転職サイト「ビズリーチ」について
ビズリーチは企業と求職者が直接やりとりできるプラットフォームがなかった人材業界において、人材データベースを企業に開放することで採用市場を可視化しました。企業が求職者へ主体的にアプローチできるプラットフォームを提供することで、「欲しい」人材を獲得するために採れる手段を主体的に考え、能動的に実行する採用活動「ダイレクト・リクルーティング」を推進し、優秀な人材のスピーディーな採用をご支援しています。また、求職者も今まで知りえなかった企業からアプローチされることで、キャリアの可能性と選択肢を最大化できます。現在は累計8,800社以上、128万人以上(2018年8月現在)の会員の方にご利用いただいています。

■株式会社ビズリーチについて
「インターネットの力で、世の中の選択肢と可能性を広げていく」をミッションとし、2009年4月より、人材領域を中心としたインターネットサービスを運営するHRテック・ベンチャー。東京本社のほか、大阪、名古屋、福岡、シンガポールに拠点を持ち、従業員数は1,291名(2018年8月現在)。即戦力人材と企業をつなぐ転職サイト「ビズリーチ」や、挑戦する20代の転職サイト「キャリトレ」、AI技術を活用した戦略人事クラウド「HRMOS(ハーモス)」、求人検索エンジン「スタンバイ」、事業承継M&Aプラットフォーム「ビズリーチ・サクシード」などを展開。
参照URL:https://www.bizreach.co.jp/

サイト人気記事ランキング

Jリーグ順位表

横浜FM
70pt
FC東京
64pt
鹿島アントラーズ
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
84pt
横浜FC
79pt
大宮
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
66pt
群馬
63pt
藤枝
63pt
Jリーグ順位をもっと見る