FOLLOW US

日本のサッカーファンに届けたい現場の“声” ~内田篤人編~

トレーニング施設「ウチダラボ」をオープンしたのは“ある思い”があるからだ [写真]=Getty Images

 サッカーキング編集部が取材現場で聞いた印象的な“台詞”を紹介する連載企画。第5回は、7年半ぶりに鹿島アントラーズに復帰した内田篤人が自身の経験から語った台詞をお届け! 

 国内カップ戦優勝、チャンピオンズリーグベスト4進出、2度のワールドカップ出場……。ドイツで過ごした約7年半、内田篤人は海外でプレーする日本人選手として、目覚ましい活躍を見せた。そんな内田を苦しめたのが、ケガとの戦いだった……。

 昨年6月、地元・静岡市にトレーニング施設「ウチダラボ」をオープンした。ウチダラボはトレーニングスタジオと整骨院を完備し、ケガに対するトータルケアを提供している。なぜトレーニング施設を開業しようと考えたのか? 鹿島復帰前に行ったインタビューで聞いてみると、返ってきた答えは、

「短い期間だから、学生時代は」

だった。

 靭帯断裂や半月板損傷など、サッカー選手が患うケガは数多ある。しかし、内田が負ったのは「右膝蓋腱炎症」という前例のない大ケガだった。2015年に負傷して以降、ほとんどの時間をリハビリに費やすしかなかった。戦線復帰へ先の見えない時期を過ごしたからこそ、その一言には重みがあった。

「俺はケガをしてから復帰まで1年半から2年くらいかかりましたけど、高校生だったら部活生活が終わっちゃうんで。『そういう大怪我をしたら可哀そうだな』と」

 内田は高校時代に全国大会に出場することができなかった。それでも、日々の努力が実を結びプロ入りを勝ち取った。大ケガと向き合う辛さ、3年間の学生生活の重要性を知るからこそ、地元の高校生たちのために、充実したトレーニング施設を開業したという。

 27日、節目となる30歳の誕生日を迎えた。プロサッカー選手の平均キャリアを考えると、大ベテランと言える年齢だ。それでも、鹿島に復帰した今シーズン、リーグ開幕戦からスタメン出場するなど、本来のコンディションに近付きつつある印象だ。

 多くのサポーターが待ち望む“本当の姿”を取り戻すまで、内田篤人は戦い続ける。

(2018年2月掲載)内田篤人 長いリハビリを乗り越え「何かもう1つやって終わりたい」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO