2017.08.11

優勝記念スペシャル座談会!胡桃沢まひる×桜野羽咲×雨宮伊織「自分の殻を破り続けた半年間でした」

サッカー総合情報サイト

胡桃沢「濃い、濃い半年間。これだけ長い時間、色々な方々と触れあえるって、貴重だなぁと。妄キャリって、すごく内向きの子が多いから、これまで運動をして燃える!ということはあまりなかったんですよ。何より人見知りが多いから、他のアイドルさんと話す機会も少なくて(苦笑)。でも、フットサルを通してメンバー同士でハイタッチをしたり、他のアイドルさんたちとキャッキャしている姿を見て、まひるは『いい光景だなぁ』なんて思ってたり(笑)」
桜野「ホント私たち閉鎖的だったから(笑)。まず仲間同士でも盛り上がりがうす~いからね」
雨宮「テンションが一定というか、上がっても上がったように見えないというか」
桜野「言ってしまえば、最初は『フットサル?えっ!?』ていうぐらいの気持ちだったからね」
胡桃沢「運動をすること自体キライな子が多いからね」
雨宮「走るのもキライ。なんなら歩くのもキライなぐらいなので」
桜野「朝もとにかく早かったしね。でも、やってみたらやってみたで、これが意外に楽しい!という気持ちになれたのが驚き。初めての試合で勝てたのもスゴく大きかった」
雨宮「そう。そこで勝てたから気持ちよく続けられたと思う」
胡桃沢「そして、いい具合に第三節という半ばで大敗して、メキメキと心が折れて(笑)」
桜野「そこから、負けず嫌いぶりを発揮しはじめて。あそこで敗けてなければ、むしろここまで戦えてなかったと思う」
胡桃沢「フットサルを通じて、『努力しなければ勝てない』というのを学ぶと同時に、ただ動くだけじゃなく、頭を使っていかないとダメだというのも学んだね。それが実はアイドルとしての活動にもすごく通じるなということに気が付いて」
雨宮「ライブの意識も変わりました。あと、個人的には他のアイドルさんたちと、ほんのチョコッとだけお話できるようになれたのは嬉しい。中でもベボガ!の、ここたん(水沢心愛)と仲良くなれました」
桜野「これ、すごい成長だよ」
胡桃沢「ベボガ!さんもですし、アークジュエルのみなさん、虹コンさんと、徐々に打ち解けていけたからこそ、この半年間私たちも楽しく駆け抜けられたんだと思います」
桜野「他のグループさんのプレイを見て心が動かされることが、すごく多くて。もちろん私たちも必死だけど、みんなも必死で。そんな姿にグッときちゃったというか。みきぽんさん(FCアークジュエル:佐倉みき)の涙には、すごく感動させられた」
胡桃沢「アークジュエルさんとは、合宿で同じチームになって。そこで距離がグッと近づけたりして、本当に良い時間を過ごせました」
桜野「勝った、敗けたとかよりも、そういう自分たちの殻を破れたのが嬉しかった」
胡桃沢「なんかね、本当に得るものが多かった半年だったね」
桜野「最初の練習試合で、顔面にボールが当たった時なんて『一生やらない!』と思ったぐらいだったのに(苦笑)、こんなに楽しくなるなんて思わなかった」
胡桃沢「敗けた時なんて、舌打ちしてたぐらいだからね(笑)。それぐらい真剣になれたのは大きい」
雨宮「結果優勝もできたし」
胡桃沢「うん。でも、この優勝も手放しでは喜べないんだよねぇ……シッカリと点を取って、勝ちたかった」
桜野「半年間積み上げてきたものを出したかった」
雨宮「でも、そう思えるのってスゴイこと」
胡桃沢「ホントだね。ファンの方とも一緒に熱くなれて、この半年間は妄キャリにとって大切な時間になりました」

半年間で一番印象に残ったできごと

胡桃沢「第6節のPKを外した時。その前日に夜遅くまで仕事で3時間ぐらいしか寝られないまま本番を迎えて。もう完全に集中力が切れてしまって、ボールをシッカリ蹴れず、結果虹コンさんに負けちゃったんですよ。これはもう、自分の責任だ……と相当ガックリしたまま帰ったことがありましたね」
桜野「私は、最初の練習試合と今日の顔面セーブ。デジャヴかと思った(笑)」
胡桃沢「まさか最初と最後に同じような光景を見るとはね。最初の頃は本気でヤバイ!と思ったのに、今日なんてみんな笑ってたよね(笑)」
桜野「私も思わず『あれ?これって前にあったなぁ』と思った瞬間に笑いが止まらなくて。それに最初はそのままお休みしたけど、今日はすぐに大丈夫!と思って、コートに戻れた。」
雨宮「最初の時は、にぁちゃんが『羽咲が死んだ!』って言ってた」
胡桃沢「完全にボールは友だちになったね(笑)」
桜野「当たった!じゃなくて、当たりに行った!だからね(笑)」
雨宮「私は今日。コーチに『あのパスはすごかった!』と褒めてもらえて。最後の最後に褒めてもらえたということは、半年間シッカリとやってこれたんだなぁと思いました」
胡桃沢「いやぁ、伊織はいつもいいところにパス出してくれるんだよ!」
桜野「その前の伊織にパス出した、私も『あれ、私いいパス出せた!』って自分を褒めてあげたくなった(笑)」
胡桃沢「(笑)。でも羽咲もホントキレイに守ってくれたよ。私たち3人で生み出したゴールだったね」
雨宮「やりがいあった(笑)。最初ボールを蹴るのにアタフタしてた頃がウソみたい」

バロンiドール杯(アイドルフットサル)特集ページはこちら!

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
64pt
川崎F
59pt
柏レイソル
53pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
77pt
福岡
68pt
長崎
67pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
52pt
沼津
47pt
秋田
46pt
Jリーグ順位をもっと見る