2017.05.26

参加費が育成組織のサポート費に!?横浜FCカップsupported by SOCCER KING開催

サッカー総合情報サイト

横浜市中区にあるキャプテン翼スタジアム横浜元町にて、『横浜FCカップ supported by SOCCER KING』が4月30日に開催された。

雲一つない晴天に恵まれて開催されたこの大会は、参加費の一部が育成サポート基金「フェニックスクラブ」を通じて横浜FC育成組織のサポート費に充てられ、横浜FCファンやサポーターだけでなく、フットサル大会の参加者全員でクラブを応援することができる大会となっている。

カテゴリーは、ピッチ上に女性が常に2名以上で構成された「エンジョイミックス」、40歳以上限定の「オーバー40」、初心者を中心に構成された「スーパービギナー」の3クラスで開催され、全30チーム、総勢250名が参加した。

今大会に協賛した企業は7社。横浜FCのユニフォームサプライヤーでもあるサッカージャンキー提供のユニフォームやTシャツをはじめ、フットサルボール、カップ麺、お米、デオドラント製品、スパ入浴チケットなどバラエティーに富んだ賞品が協賛企業から提供された。また、大会の趣旨に賛同してエントリーした企業もあり、参加者と一緒に汗を流し、大会を大いに盛り上げた。

予選リーグが行われた後は順位決定戦へ。各チーム優勝を目指し白熱した戦いが繰り広げられ、残念ながら予選で負けてしまったチームも、サポーターのような惜しみない拍手と声援を送った。

また、大会優勝特典として5月3日(水)の2017明治安田生命J2リーグ第11節 横浜FC vs 愛媛FC戦に特別招待された。更には、ハーフタイムに今大会の表彰式がピッチレベルで執り行われ、横浜FCから各カテゴリー優勝チームに表彰状とTシャツが贈呈された。クラブカラーである「HAMA BLUE」(スカイブルー)に埋め尽くされた会場のビジョンにも映し出されるというサプライズも。

試合は西河翔吾、イバ、永田拓也、大久保哲哉と横浜FCが大量4得点を奪い、ホームで愛媛FCを下した。勝利の余韻に浸りつつ『横浜FCカップ supported by SOCCERKING』は幕を閉じた。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
56pt
川崎F
52pt
FC東京
43pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
64pt
町田
61pt
大分
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
47pt
沼津
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る