2017.05.22

前節最下位の妄キャリがリベンジを果たし二度目の頂点!/バロンiドール第4節

サッカー総合情報サイト

 4月29日に開催された『バロンiドール杯』第4節。前節初勝利に加え初優勝を果たした虹のコンキスタドールは、続くゲーム対決でも見事1位を獲得と、その勢いはとどまることを知らない。果たして今節はどんなドラマが待っているのか?いよいよ大会も折り返し地点に突入だ。

 スタート前、ケガにより虹コン鶴見萌が本戦のみの参戦、ベボガ!鹿目凜、FCアークジュエル愛迫みゆが欠場とアナウンスされた。GW中ということもあり、各チームともに連日のステージによる疲労がここにきて蓄積されてきたのだろう。それでも、約4カ月に渡る実戦経験で培ったテクニックはシッカリと身についてきたのか、練習でボールを後逸するなどのミスが見られることが一切なかった。

 練習を挟みミニゲームが開戦。この日は前節に行った「ジグザグ&ドリブルリレー」を発展させ、ドリブル後、マーカーにボールを乗せ落とすことなくバトンを繋ぐという、バランス感覚が求められるこのゲーム。ミニゲームで部類の強さを誇る虹コンが見事制し、虹コンはこれでミニゲーム3連覇という結果に。

 本戦前は各チーム、ファンとマネージャーを交えてフォーメーションボードの前にて戦術確認。わずか4ヶ月で、完全な選手の目と姿勢になっていた。

 そして本戦がスタート。今節より前後半に分かれての試合を展開することに。初戦は虹コンvsベボガ!の前節決勝を争ったチーム同士の対決。試合前、キーパーグローブを用意できなかった鶴見に、FCアークジュエルのゴレイロ・佐倉みきが声をかけて、グローブを貸与するという美しい一幕が。

 鹿目を欠くベボガ!は葉月梨花をゴレイロに添え、フィールドには助っ人として初参加の虹コン予科生・隈本茉莉奈が立つ。その葉月のゴレイロ起用が見事的中、虹コン荒井、大和明桜が生み出す決定機を何度となくセーブ。ゴールを許さない。しかし、虹コンも的場華鈴、ケガを押しての出場となった鶴見がシッカリと攻撃の芽を摘み、ベボガ!に付け入る隙を許さない。この日監督というポジションに入った鹿目はメガホン片手にベボガ!メンバーへ檄(という名のボンヤリした応援)を飛ばし続ける。前後半共に硬い守りを見せる両者、勝利をもぎ取ったのは虹コンだった。後半終了間際、右端から中村朱里がシュート。葉月の手を弾いたボールはそのままネットを揺らした。虹コンはその勢いがフロックではないことを見事証明。偶然か、頭上を見上げると空には七色の虹がかかっていた。この奇跡的な光景に、虹コンはファンと共に雄叫びをあげた。

 2戦目は妄キャリvsアークジュエル。この日の妄キャリは、前線に立つ胡桃沢まひるを軸に、水城夢子、河野万里奈が細かいパスを繋ぐという、ポゼッションサッカーでアークジュエル陣営へ攻め入る作戦に出る。これまでフィジカルを強みにした攻撃を展開していた妄キャリだが、ここにきての大幅な戦術変更。それが見事的中、アークジュエルの守備を脅かし続ける。しかし、アークジュエルも守護神・佐倉と針谷早織もファインプレーを連発、妄キャリの攻撃をすんでのところで止める。そのまま前後半を終え、決着はPK戦に。妄キャリは2人がキッチリと決めきると、ゴレイロ・星野にぁがセーブし、妄キャリが前節の雪辱を果たした。

 アークジュエルベボガ!の3位決定戦は早々に試合が動く。ベボガ!の攻撃を防いだ佐倉がロングスロー。そのボールを受けた和田帆乃夏がロングシュートを放つと、葉月に変わりゴレイロの位置に入った樋口彩は反応できず。見事アークジュエルが先制。和田はこれで二戦連続のゴール、驚異的な得点率を誇る。和田の虎の子の1点を守り切り、アークジュエルが勝利。試合後、樋口は自責の念からか大粒の涙を零し、メンバー、ファンから慰められる一幕も。

 この日の決勝は妄キャリvs虹コン。ポストプレーにスクリーン……と両者共に身体と身体が交差し合う、文字通り“ぶつかり合い”を展開。ヒートし続ける内容に、ベボガ!の助人・隈本も思わず「先輩、頑張って!」とエールを送る。両者譲らず、この日二度目のPK勝負へとなだれ込む。両者、緊張のあまりかシュートが枠をとらえきれず、膠着状態が続く。すると妄キャリは胡桃沢による鶴見の手を弾く強烈なシュートを沈め、虹コンへプレッシャーをかける。そして虹コンのキッカー中村のシュートを星野がセーブ。見事妄キャリが前節最下位のリベンジを果し、二度目の頂点に輝いた。

 日を増すごとに心身共に高まりを見せる各チーム。第4節も終わり、残りは3節。第5節はさらなる熱を増すことだろう。

* * * * * * * * * *

「バロンiドール杯」フットサル第5節は、5月28日(日)に開催される。また、7月に行われる最終節を前に、実力の底上げとチームワーク強化のための『合同合宿』開催が遂に決定! ファン参加のゲーム対決、ファン同士の親善試合はもちろん、アイドル同士のフットサルトーナメントや合宿ならではの特別企画も実施予定となっている。

「バロンiドール杯」フットサル第5節は、5月28日(日)に開催され、2次先行販売が19日(金)~22日(月)23:00までとなっている。

■アイドルと一緒にフットサル!アイドル対抗フットサル『バロンiドール杯』第5節が5月28日開催!

 また、7月に行われる最終節を前に、実力の底上げとチームワーク強化のための『合同合宿』開催が遂に決定! ファン参加のゲーム対決、ファン同士の親善試合はもちろん、アイドル同士のフットサルトーナメントや合宿ならではの特別企画も実施予定となっている。

■アイドルと強化合宿! 「アイドルフットサル バロンiドール杯『緊急強化合宿』開催決定!」

文=田口俊輔
写真=野口岳彦

バロンiドール杯(アイドルフットサル)特集ページはこちら!

アイドルと強化合宿! 「アイドルフットサル バロンiドール杯『緊急強化合宿』開催決定!」

新カテゴリーが登場! WCCF16-17 Ver.2.0 サッカーゲームキング7月号(Vol.065/5月24日発売)

[主なコンテンツ]

サッカーゲーム専門誌、『サッカーゲームキング』7月号(Vol.065)が5月24日に発売されます。 巻頭の『WCCF』企画では、5月25日から稼働を開始する『WCCF16-17 Ver.2.0』の最新情報を公開。また、『WCCF』カードを使ったブンデスリーガ、セリエA、リーガ・エスパニョーラの16-17シーズン振り返りをお届けします。そして、大人気企画の「クロスレビュー」は今号も豪華2本立て! 史上初のチャンピオンズリーグ連覇を狙うレアル・マドリーに加え、若返りを図りながら欧州の舞台復帰を目指すミランの使用感を掲載しています。そのほか、「ディープインパクト」や「あの人は今!?」、「ALL TIME LEGEND ~伝説の男~」など、定番企画もたっぷりお届けします。 もちろん、特別付録のオリジナル『WCCF』付録も要チェック! サッカーゲーム専門誌『サッカーゲームキング』7月号(Vol.065)は、チェルシーのユニフォームを着たほのかさんの表紙が目印です!

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
49pt
C大阪
45pt
川崎F
45pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
60pt
福岡
55pt
名古屋
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
37pt
沼津
35pt
富山
35pt
Jリーグ順位をもっと見る