2017.04.27

プロスプリントコーチが走り方を直接指導!秋本真吾のスプリント力向上セミナー開催!

サッカー総合情報サイト

 4月22日に「走りのカルテ作成!秋本真吾のスプリント力向上セミナー」が開催された。秋本真吾氏は日本のトップ選手へ走り方を指導するプロスプリントコーチで、このセミナーでは実技で彼が指導するプロ選手と同様のトレーニングが行われ、座学では速く走るための法則を理論から学ぶことができる。そしてこのセミナーの特徴的なところは、秋本氏が受講者一人ひとりの走りを撮影し分析、さらに今回はそれを元に走りのカルテを作成できるようになった点だ。

 はじめに行われた実技では、速く走るための最も重要な要素として「姿勢」を挙げた。「身体を真っ直ぐにして、目線は下ではなく前に向ける」などのポイントを解説していった。

 途中からは降雨のため、トレーニング場所を室内へと移した。室内の指導でもまずは姿勢を意識し、その後、ジャンプトレーニングなどで腕の振りやつま先接地など、徐々に意識する点を増やしながらトレーニングが進められた。

 実技の最後には、スタートダッシュのフォーム指導が行われた。正しいフォームが出来ると切り返しやターンの際の初速に繋がっていく。実際に横向き、後ろ向きの状態からターンしてダッシュなども行われた。

 実技の後は秋本氏が一人ひとりの走り方を撮影した動画を見ながら解説していった。姿勢、腕の振り、足の接地場所、腿の上がり方など細かな点までチェックし、今後の改善のためのアドバイスも添えていった。

 そして座学では秋本氏が世界で活躍するトッププレーヤーの走り方の動画を用いながら、走りの原理が「歩幅×足の回転数」であることを解説した。今回の実技で主に行われた、回転数を速くするためのトレーニングとともに、歩幅を広げる方法についても触れた。

 最後に行われたアンケートには「あっと言う間の3時間でした。自分が所属するチームや、小学生達に是非聞かせたいと思いました」や、「本で得るだけでは伝わらないところまで知ることができ、自分の現状を見られたのでよかったです」などの感想が挙がった。

 セミナー終了後には質問が相次ぎ、秋本氏は一人ひとり丁寧に答えていった。

秋本真吾(プロスプリントコーチ)
福島県大熊町出身の元陸上選手。200メートルハードルのアジア最高記録保持者であり、現在サッカー、野球など日本を代表するスポーツ選手たちへのスプリントコーチをしている。プロ野球球団選手(2球団135選手)、プロサッカー選手(17クラブ66選手)、なでしこリーグ所属選手(2クラブ42選手)アメリカンフットボール選手、ラグビー選手など多くのプロスポーツ選手に走り方の指導を展開。サッカーでは槙野智章、李忠成をはじめ、大久保嘉人、大島僚太、谷口彰悟、小林悠などの個人指導も行っている。プロ選手への指導だけでなく全国各地の子どもたちへの走り方教室も開催しており、地元でもある福島県大熊町の子どもたちを支援する被災地支援団体ARIGATO OKUMAでも活動を行っている。

サッカーキング・アカデミー

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
37pt
FC東京
28pt
川崎F
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
41pt
町田
40pt
大分
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
34pt
鹿児島
30pt
沼津
29pt
Jリーグ順位をもっと見る