2017.03.31

「バルドラール浦安F.S.×WARRIX」日本とタイの恊働をスタート

サッカー総合情報サイト

 日本フットサルリーグ(Fリーグ)に所属するバルドラール浦安F.S.が、2017/2018シーズンより、オフィシャルサプライヤーとしてWARRIX(ワリックス、本社:タイ王国ナーコンパトム県)と契約を締結したことを発表した。

 先日行われたサッカーワールドカップアジア最終予選の日本代表対タイ代表戦で、タイ代表が着用していたことで注目を集めたWARRIXは、2015年に設立されたタイ王国発の新進スポーツアパレルブランドで、2017年からタイサッカー協会のオフィシャルサプライヤーを務めるほど、当地で信頼を集めるブランドである。またタイ本国のみならず、カンボジア、ラオス、マレーシア、シンガポールなどアジア複数国へ事業展開しており、バルドラール浦安F.S.は日本におけるブランドの強化や製品クオリティの向上などに協力することとなる。

 なお本シーズンより、Fリーグに参加するトップチームの「プリメーロ」、女子の「ラス・ボニータス」、下部組織の「セグンド」「テルセーロ」「バセ」、聴覚障がい選手との混成チーム「デフィオ」、全6カテゴリのユニフォームを統一。バルドラール浦安のエンブレムを付ける全ての選手・スタッフがWARRIXのユニフォームを着用してシーズンを戦う。

○WARRIXブランドプロフィール
WARRIXという名は、WARRIOR(戦士)の造語で、“タイ王国発のブランドを象徴する力強さ、どのフィールドでも勇敢に立ち向かうタイ人の先祖からの強さ”を表現している。

WARRIXの最大の特徴は、機能性はもとより、100%タイ人デザイナーによる、どのブランドにも負けない奇抜で印象に残るオリジナルデザインを駆使したユニフォームで、2017年1月からは、タイ代表オフィシャルサプライヤーとしてタイサッカー協会と3年契約を締結し、FIFAワールドカップアジア最終予選において日本と同組となったサッカータイ代表をはじめ、フットサル、ビーチサッカーなど全カテゴリの代表チームに対してユニフォームを提供している。
ワリックス・ジャパン:https://www.warrix.jp/
Facebook:https://www.facebook.com/warrix.jp/

○バルドラール浦安・塩谷竜生代表コメント
アジア全体のフットサルの活性化に協力しながら、クラブの価値を高めていく“アジアプロジェクト”を1年前から本格的に取り組み始めたなかで、最も早く具体的なオファーをいただいた海外企業がWARRIXでした。このプロジェクトへの理解と評価を賜り、大変感謝しております。古くより日本の良きパートナーであり、またアジアのフットサルにおいては良きライバルでもあるタイ王国のスポーツアパレルブランドですので、クラブとして現状考えうる最高のパートナー企業です。

アジアで成功を目指す企業とのパートナーシップ契約のもと、インドネシア(2015年に遠征〜当地にて継続的に活動)、台湾(2016年に親善試合実施)のみならず、タイのフットサルマーケットとの協働事業をも見据えたうえで、クラブの育成・強化を目指します。また、地元浦安市の子どもたちへ還元するプランも計画しております。バルドラール浦安とWARRIX双方が、フットサルマーケットの中で目標とする活動を続け、評価を受けていくために、積極的に意見や情報を交換しながら、友好関係を深く築いて参りたいと考えております。

○WARRIX・ウィサン社長のコメント

伝統あるバルドラール浦安よりサプライヤーとしてご用命いただき、WARRIX一同感謝申し上げるとともに、全力を尽くしてその役割を果たす所存です。当社の最新のテクノロジーを駆使しながら、選手の皆さまの自信へと繋がるよう、WARRIXの特徴を存分にちりばめたユニフォームをご提供させていただきます。

バルドラール浦安のホームゲームを拝見した際に、選手・スタッフ・フロント陣まで全体が高いプロフェッショナリズムを持つクラブであると実感しました。特にプレーヤーひとりひとりが強い個性を持ち、規律正しく試合に挑む姿には感銘を受け、サプライヤーとして微力ながらもクラブに貢献できることを、心より誇りに感じております。

WARRIXの展望は、今以上の販路拡大と、タイサッカー・フットサルのタイ代表オフィシャルサプライヤーが決定したことによる生産体制の向上です。日本の皆さまに認めていただける高品質のものをご提供できれば、必ずWARRIXブランドの認知も上昇していくものと確信しております。どうぞよろしくお願い申し上げます。

サイト人気記事ランキング

Jリーグ順位表

FC東京
62pt
横浜FM
61pt
鹿島アントラーズ
59pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
81pt
横浜FC
76pt
大宮
74pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
62pt
藤枝
57pt
群馬
54pt
Jリーグ順位をもっと見る