2017.02.23

中田英寿が又吉直樹に引退の真相を告白「復帰する可能性もあった」

番組で対談した中田英寿氏と又吉直樹さん
サッカー総合情報サイト

 24日放送の「金曜ロードSHOW!特別エンターテインメント『人生が二度あれば』」に、元日本代表の中田英寿氏が出演することが明らかになった。

「金曜ロードSHOW!特別エンターテインメント『人生が二度あれば』」は、さまざまな理由でスポーツ界を離れる決断をしたアスリートを訪ね、人生の選択の裏にどんな背景、どんな思いがあったのかを明らかにする番組。聞き役を担うのは、多くの“人生の選択”をしてきたナビゲーターで、中田氏のもとには芥川賞作家の又吉直樹さんが訪れる。

 中田氏は2006年ワールドカップで日本の敗退が決まった直後に引退を発表。まだ現役選手としてプレーができた29歳での決断だった。現在は日本全国を巡り、日本酒や工芸など伝統文化の魅力を世界に広める活動をしている。自ら資材を集め、運営やデザインなどすべてに携わり様々なイベントを開催。日本の優れた経営者にも選ばれるほど、ビジネス界でもその手腕を発揮している。

 引退後の幅広い活動について中田は「昔から色んなことに興味があった。中学生の頃からだけど、スポーツやっていると“○○バカ”みたいに言われる。それがすごく嫌いでスポーツもできて、勉強もできた、嫌なやつになりたい。昔から格好つける気持ちはすごい強くて、でも当然一番の興味はサッカーだった」と話す。

 なぜ、29歳という若さで現役生活に終止符を打ったのか。

「自分がサッカーを好きでやっていて、ただ“好き”の部分が楽しめない時期が長く続いて、色んな環境のことがあったりした。だったら一旦休んだほうがいいなと。もしかしたら、何年後かに戻る可能性だってあった」

 対談では、現役復帰の可能性もあったことも明かした。

 又吉さんが最後に聞いた「もし、人生が二度あって、あの時に戻れたら、現役続行と引退、どちらを選択しますか?」の質問に、中田氏はどう答えたのか。引退の真相が番組で明らかになる。

 番組は日本テレビ系列で24日(金)よる9時から放送される。

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る