2017.02.12

川口能活がバラエティー初参戦、天才キッズとのPK対決で“神ってる”セーブ連発!?

サッカー総合情報サイト

 2015年3月、25年ぶりに復活したスポーツバラエティの金字塔『ビートたけしのスポーツ大将~ナインティナインも参戦SP~』が2017年も放送することが決まった。2020年東京オリンピックでメダルが期待される天才キッズがトップアスリートが対戦。放送3回目を迎えた今回も、おなじみの「サッカーPK対決」と「野球対決」が行われた。

 ナインティナインの岡村隆史と矢部浩之が天才サッカーキッズとPK戦で対決する「サッカーPK対決」。ずば抜けた才能を持った小学生の天才サッカーキッズ3名が参戦した。ルールはナイナイチーム、スーパー小学生チームがそれぞれPKを5回蹴り、多くゴールを決めたチームが勝利。同点の場合はサドンデス方式で勝者を決定する。

 前回の対決で天才キッズに惨敗し、2連敗中のナイナイ。3連敗は絶対に避けたいと大人げもなく真剣勝負で挑む。そんなナイナイと天才キッズの前に、今回は元日本代表の“守護神”川口能活が大きな壁となって立ちはだかる。日本国民の記憶に深く刻まれたアジアカップ2004のヨルダン戦をはじめ、元日本代表で数々の危機をスーパーセーブで救ってきた川口。しかし、その活躍を小学生の天才キッズたちはリアルタイムで見たことがなく、これには川口も苦笑い。「僕も父親なので子どもたちを見ると優しさを出してしまいそうですが、やはり厳しさも教えないと」と、真剣勝負宣言。あまりの本気度に、ナイナイも思わず「大人げない!」と叫ぶ一幕もあったという。

 ナイナイチームの先攻で始まったPK対決。世界からも賞賛されたGK川口という高い壁を打ち破り、勝利するのはナイナイか、それとも天才サッカーキッズか!?

 川口が出演する『ビートたけしのスポーツ大将~ナインティナインも参戦SP~』は2月26日(日)よる6時57分からテレビ朝日系で放送される。

【サッカーPK対決!出場スーパーキッズ】(50音順)3名
・越後 晴哉(えちご はるや)小5
青森選抜、東北屈指の天才ドリブラー

・柴田 陸空(しばた りく小5
来春スペイン遠征、世界を見据えるエースプレーヤー

・髙橋 隆大(たかはし りゅうた)小6
海外在住中に世界を経験、気迫溢れるストライカー

川口能活 コメント
「普段バラエティー番組は楽しく見ているのですが、出演するのは初めて。見るのとは違い、やる側は緊張感があるんだと、そのギャップに驚きました。特に今回のようなPK対決は緊張感がありますね。本気でやらないと番組的に面白くないし、キッズのシュートを止めれば大人気ないと言われてしまいますから(笑)」

「試合でのPK戦はもっとテンポがいい。ところが今回は1回蹴るごとに解説が入ったり間が空くので、普段と違う時間間隔の中で集中力を保つのが少し難しかったです」

「矢部さんはよくプレーされているので雰囲気もあるし、キックの質も良かったです。岡村さんは年に1回ぐらいしかボールを蹴られていないとおっしゃっていましたが、サッカー経験者ですからキックの質は悪くなかったです」

「キッズたちも小学生のGKなら絶対に入るコースに蹴っていました。僕の子供のころとは違い、映像でいろいろな情報が入ってくる。いいお手本が国内外にたくさんいるし、彼らが住んでいるところにもプロチームがあって触れ合うこともできます。それだけサッカーのスキルが伸びる環境が整っているという印象を受けました。基本技術がしっかりしているので将来が楽しみですね」

Jリーグ順位表

川崎F
63pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
63pt
鹿児島
54pt
群馬
51pt
Jリーグ順位をもっと見る