2016.12.09

【レポート】スポーツ業界への歩み方とは?マーススポーツエージェント特別セミナー開催

サッカー総合情報サイト

 11月24日(木)に東京都八丁堀のFootball★Plazaで、サッカーキング・アカデミーマーススポーツエージェント特別セミナー『450名以上を輩出!スポーツ業界への歩み方』が開催され、学生を中心にスポーツ業界に興味を持つ方々が参加した。

 講師を務めるのは、株式会社マーススポーツエージェントスポーツビジネス部マネージャー仲島修平氏。専修大学在籍中に、フットサルショップのオープニングスタッフとしてアルバイトで働き、大学卒業後、株式会社ウィルグループに入社。企業の外部人事部機能を担当し、キャリアコンサルタントのノウハウを学ぶ。2008年にマーススポーツエージェントの立ち上げに参画し、アスリートのマネジメント・セカンドキャリア支援、プロチームの人事・事業支援、企業への代理店業などに従事し、10年秋に実戦型集中講座「MARS CAMP」の企画・運営を開始。スポーツに特化した人材発掘、育成、活躍を見据えたサポートを中心に、スポーツと社会を結び付けるあらゆる業態を横断的に手掛けている。

「これからスポーツ業界に入りたいと思っている人はどのくらいいますか」と仲島氏から受講者へ質問が投げかけられ、ほぼ全員が手を挙げた。実際に新卒採用としてスポーツ業界が募集している求人数が紹介され、その数が意外にも多いことに受講者は驚いていた。しかし、スポーツチームなどを希望している人が多いという現状に反し、スポーツに関わる求人はフィットネスクラブや施設などが多く、希望の業種・職種に就くことは通常の活動では難しいという点に言及した。

 業界では「スポーツをビジネスにできる人材」が求められているが、スポーツ業界で働きたいと考えている人は「スポーツを仕事にできたら自分が楽しい」と、夢や憧れだけで終わっている人が多い。業界からは人材が求められているにも関わらず、採用できる人材がいないという、ミスマッチした現状についても解説した。

 そんなスポーツ業界で活躍できる人材を育てるために立ち上げられた「MARS CAMP」。実際に「MARS CAMP」の卒業生で、スポーツチームやメディアなどに就職した例を紹介し、入社の経緯も語られた。仲島氏は、自分が社会側に、そしてその先の第三者に対してどのような価値を提供できるのかを伝えることが出来れば希望する業界へ入り、活躍への大きな一歩になるだろうと語った。

 最後に、スポーツ業界へ入りたいという受講者へ仲島氏から、「情報、経験、接点を多く持ち、新たなコミュニティーに出来るだけ多く飛び出すこと。自分が思っているより3倍くらいやった方がいい」と言葉の端々から熱量の感じられるメッセージが届けられた。

 受講者からは「業界が求める人材と、業界を目指す人材の間にある、意識のギャップが大きな課題だと実感した」や、「漠然としたイメージしか持っていなかったが、来る前よりもやるべきことを理解できたと思う」などの感想が多くあった。

 最後に行われた懇親会では、仲島氏への質問が途切れることはなかった。どの質問にも親身になって答えている姿が印象的で受講者にとって、非常に有意義な時間となったであろう。

サッカーキング・アカデミー

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
56pt
川崎F
52pt
FC東京
43pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
64pt
町田
61pt
大分
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
47pt
沼津
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る