2016.11.13

最終節逆転でHondaが2ndステージ制覇、JFLチャンピオンシップで流経大と対戦

Honda FCがJFLセカンドステージを制覇。チャンピオンシップ出場を決めた
サッカー総合情報サイト

 11月13日(日)に、第18回日本フットボールリーグレギュラーシーズン最終節、セカンドステージ第15節の全8試合が13時に一斉に行われた。

 勝てばセカンドステージ1位が決まる首位Honda FCは、ブリオベッカ浦安と対戦。40分に浦安の竹中公基にゴールを許して、1点ビハインドで折り返す。一方、2位ソニー仙台FCは流経大ドラゴンズ龍ケ崎をホームに迎えた。ソニーは15分に右からのクロスボールを内野裕太が決めて先制、36分には秋元佑太がPKを沈めて2点リードで折り返す。3位ホンダロックSCは、東京武蔵野シティFCと激突。ホンダロックは、前半を1-2で終える。前半終了時点でソニーが首位、Hondaが2位、ホンダロックが3位となった。

 セカンドステージ優勝には逆転が必要になったHondaは、後半開始早々の47分に古橋達弥が決めて同点に追いつく。86分に浦安が退場者を出して数位的優位に立つと、Hondaは89分に左CKからのボールを川嶋正之が頭で決めてHondaが2-1で勝利。逆転勝利でセカンドステージ優勝を決めた。

 ソニーは前半のリードを守りきり2-0で勝利するも、あと一歩及ばすセカンドステージは2位。ホンダロックは56分に悦田嘉彦、87分に市原大嗣が決めて3-2で逆転勝利。セカンドステージは3位、過去最高位となる年間4位でシーズンを締めくくった。

 JFLシーズン最後を締めくくるJFLチャンピオンシップは、流経大ドラゴンズ龍ケ崎とHonda FCによって争われる。第1戦は流経大のホームとして11月26日(土)に千葉県立柏の葉公園総合競技場で、第2戦はHondaのホームとして12月4日(日)にHonda都田サッカ-場で開催。

▼JFLセカンドステージ第15節
ソニー仙台FC 2-0 流経大ドラゴンズ
ヴァンラーレ八戸 2-1 栃木ウーヴァFC
Honda FC 2-1 ブリオベッカ浦安
アスルクラロ沼津 3-1 ファジアーノ岡山ネクスト
FC大阪 1-0 FCマルヤス岡崎
ホンダロックSC 3-2 東京武蔵野シティFC
ヴェルスパ大分 2-3 奈良クラブ
ラインメール青森 0-2 MIOびわこ滋賀

▼得点ランキング
21点 川西誠(FC大阪)
19点 有間潤(ソニー仙台FC)
17点 竹中公基(ブリオベッカ浦安)
15点 茂平(奈良クラブ)
12点 薗田卓馬(アスルクラロ沼津)

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る