2016.05.29

FC大阪が敗れ流経大が総得点差で首位浮上、次節両チームが直接対決/JFL 1st第14節

ファーストステージ最終節を前に、流経大が総得点差で首位に浮上した
サッカー総合情報サイト

 第18回JFLファーストステージ第14節が5月28日(土)に1試合、同29日(日)に7試合が行われた。

 1位FC大阪が敗れ、2位流経大ドラゴンズ龍ケ崎が引き分け、勝ち点と得失点差で並び総得点の差で流経大が首位に浮上。FC大阪が2位に後退した。流経大とFC大阪は、次戦の最終節で直接対決。ステージ1位を争う。

 FC大阪は、ホームでファジアーノ岡山ネクストと対戦。FC大阪は17分に川西誠がPKを決めて幸先良く先制する。しかし、23分に岡山Nに同点とされると、36分には岩本知幸が退場となり数位的不利に。38分には、PKから失点を喫して逆転を許す。後半は10人になりながらも相手を上回る5本のシュートを放ったがが、最後までゴールネットを揺らすことができずに今季2敗目で2位に後退。対する岡山Nは、今季2勝目を手にした。

 流経大は敵地でホンダロックSCと対戦。雨が降る中で行われた一戦は、流経大が優位に攻めて再三チャンスを作るものの、ロックの堅い守りを最後まで崩すことができずにスコアレスで勝ち点1を分け合った。

 流経大とFC大阪は勝ち点32、得失点差15で並び、総得点差で流経大が首位に浮上。両チームは6月4日(日)に龍ケ崎で、ファーストステージ1位を懸けて激突する。

▼ホンダロックSC △0-0△ 流経大ドラゴンズ龍ケ崎

▼ソニー仙台FC ●1-2○ Honda FC
得点
0-1 54分 宮内啓汰(Honda)
1-1 55分 内野裕太(ソニー)
1-2 69分 大町将梧(Honda)

▼ヴァンラーレ八戸 ○4-2● ブリオベッカ浦安
得点
1-0 32分 李澤忍治(八戸)
2-0 45+1分 村上聖弥(八戸)
3-0 48分 菅井慎也(八戸)
3-1 55分 竹中公基(浦安)
3-2 75分 竹中公基(浦安)
4-2 79分 新井山祥智(八戸)

▼アスルクラロ沼津 ○1-0● ラインメール青森
得点
1-0 45+1分中村亮太(沼津)

▼奈良クラブ ●1-2○ 東京武蔵野シティFC
得点
0-1 2分 黒須大輔(武蔵野)
1-1 21分 瀬里康和(奈良)
1-2 62分 黒須大輔(武蔵野)

▼FC大阪 ●1-2○ ファジアーノ岡山ネクスト
得点
1-0 17分 川西誠(FC大阪)
1-1 23分 山下宏輝(岡山N)
1-2 38分 藤岡浩介(岡山N)

▼ヴェルスパ大分 ○3-2● 栃木ウーヴァFC
得点
1-0 10分 鍔田有馬(ヴ大分)
1-1 21分 畦地健太(栃木ウ)
1-2 65分 若林学(栃木ウ)
2-2 78分 中村真人(ヴ大分)
3-2 90+3分 河野諒祐(ヴ大分)

▼MIOびわこ滋賀 ●0-1○ FCマルヤス岡崎
得点
0-1 41分 熊澤圭祐(岡崎)

▼得点ランキング
11得点 竹中公基(浦安)
10得点 川西誠(FC大阪)
8得点 有間潤(ソニー)
6得点 村上聖弥(八戸)
6得点 坂本一輝(滋賀)
6得点 宮津祥太(流経大)
6得点 内山俊彦(栃木ウ)

▼ファーストステージ第15節
6月4日(土)17:30
ファジアーノ岡山ネクストvsヴァンラーレ八戸
6月5日(日)13:00
Honda FCvsアスルクラロ沼津
東京武蔵野シティFCvsMIOびわこ滋賀
FCマルヤス岡崎vsヴェルスパ大分
流経大ドラゴンズ龍ケ崎vsFC大阪
栃木ウーヴァFCvsホンダロックSC
ラインメール青森vs奈良クラブ
ブリオベッカ浦安vsソニー仙台FC

Jリーグ順位表

川崎F
57pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
69pt
町田
68pt
大分
66pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
56pt
鹿児島
45pt
沼津
44pt
Jリーグ順位をもっと見る