2015.03.17

GKイゴールがFPで足技を披露!? 大会を盛り上げたプーマイベント/PUMA CUP 2015

特別協賛者のプーマによるイベントが会場を大いに盛り上げた [写真]=本田好伸

 3月13日から15日に行われたPUMA CUP 2015 第20回全日本フットサル選手権大会の決勝ラウンドでは、大会の特別協賛者PUMAによる様々なイベントが催された。常設された「PUMAブース」では、PUMA社製品の展示や優勝トロフィーの展示がなされていたが、それ以外にも、準決勝が行われた14日には「PK対決 シジマールに挑戦!」を実施。一般参加者が、“クモ男”の愛称で親しまれたJリーグ屈指のGKシジマール氏と対決し、勝てばスタンドの観客にもPUMAフットサルボールがプレゼントされるとあって、自然とキッカーを応援できる、非常に盛り上がるイベントとなった。

 また、決勝戦当日、3位決定戦が行われた直後のピッチで「PUMA HEAD TO HEAD KING of 1v1 ~最強の一人を決めろ~」の決勝戦を開催。優勝者には、3月29日に横浜で行われる「KING of 1v1 2015 プレミア大会決勝」の出場権が与えられ、ボルシア・ドルトムントU-12の選手たちと対戦できるという戦いに、小学生4年生、5年生が挑み、特設コートでのトーナメント戦で優勝者が決定した。

 このイベントには、直前の試合で3位を手にしたペスカドーラ町田のGKイゴールと藤井健太、それにマラドーナのパフォーマンスでお馴染みのお笑いタレント「カトケン」ことディエゴ・加藤・マラドーナがゲスト参加。小学生との一対一を行い会場を沸かせた。特にイゴールは、普段は見せることのないフィールドプレーヤーとして巧みな足技も披露し、子どもたちからも「イゴール、うまい!」の声が挙がっていた。

 その他にも今大会は、より臨場感を味わえるゴール裏席の客席が新設され、準決勝のバルドラール浦安と名古屋オーシャンズの一戦では浦安のサポーターがゴール裏を“赤く染める”など、多くのサポーターが同席から選手に熱いエールを送った。そうした様々なPUMAの“仕掛け”が大会を盛り上げる一つの要因になっていたことは間違いない。初日には平日開催にもかかわらず多くの観客が集まり、決勝戦は3500人以上が激闘を見守った。「PUMA CUP」の愛称で親しまれる今大会は、今年もまた日本一のチームを決するにふさわしい雰囲気の中で戦いが繰り広げられ、名古屋の3連覇をもって幕を閉じた。

文・写真=本田好伸

PUMA CUP 2015 第20回全日本フットサル選手権大会
優勝
名古屋オーシャンズ(3年連続3回目)
準優勝
デウソン神戸(初受賞)
3位
ペスカドーラ町田

MIP
森岡薫(名古屋オーシャンズ)

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る