2015.03.15

名古屋が大会3連覇、国内フットサル史上初の4冠を達成/PUMA CUP 2015

名古屋は苦しいシーズンを過ごしながらも、終わってみれば4冠達成と強さを示した [写真]=本田好伸

 15日、PUMA CUP 2015 第20回全日本フットサル選手権大会の決勝戦が代々木競技場第一体育館で行われ、日本一のチームが決定。デウソン神戸を倒した名古屋オーシャンズが大会史上初の3連覇を達成し、同時に国内フットサルで初めての4冠を成し遂げた。

 チーム一丸となった戦いで勝ち進み勢いに乗っている神戸が名古屋にどう挑むのかに焦点が当たった試合は、序盤から緊張感に溢れる展開となった。名古屋がキープして攻め込む時間が続いていくが、神戸は集中した守備で対応。名古屋のエース森岡薫やセルジーニョといった仕掛けられる選手を相手にしても、粘り強い守備で体を張って食らい付く。逆に神戸はカウンターからチャンスを作り出していたが、スコアを動かせないまま試合を折り返した。

 後半に入って決定機を作ったのは神戸。1分にカウンターから左サイドの渡井博之に展開するとファーポストでフリーの西谷良介へとパス。しかしこれを決めることができず、さらに直後に迎えた一対一の場面でも渡井のシュートはGK篠田龍馬に防がれてしまう。得点機を逸したことで、徐々に名古屋が攻勢を強めていく。すると30分、右サイドを突破したセルジーニョがシュートを放つと、これがDFに当たり方向が変わってゴール。名古屋が先制に成功する。

 しかし神戸もすぐさま切り替えて攻め込むと、中央の相井忍からのパスを右サイドの山元優典がダイレクトでゴールに流し込み同点に追い付いた。互いに譲らぬ試合は終盤へと突入するが、試合を決めたのはやはり森岡だった。左サイドでボールを持つと、DFの森洸と対峙。そして間合いを計りながら一気に左へと加速して左足を振り抜き、強烈なシュートをゴールネットに突き刺した。

 それまで森岡との一対一を何度も防いできたが、ついに均衡を破られてしまった。神戸にとっては手痛い1点となったが、そこからGKを渡井と交代してのパワープレーを開始。36分には決定機を作ったがゴールを奪うことができない。そして38分、ラファエル・サカイに決定的な1点を決められてしまい万事休す。会場の興奮を誘う決勝戦は名古屋が勝利し、3年連続で大会王者に輝いた。

 ビクトル・アコスタ監督は試合後の記者会見で喜びとともに選手への感謝の思いを口にする。「シーズンを通してケガ人も多い中で目標にしていたすべてのタイトルを獲れた。選手はしっかりとやってくれた。この場を借りて感謝したい」。名古屋は少数精鋭ながらも苦しい台所事情で戦い抜き、Fリーグオーシャンカップ、AFCクラブ選手権、Fリーグ、そしてPUMA CUPと4つのタイトルを手にした。その最大の理由は「唯一のプロクラブとして、選手一人ひとりがプライドを持っている。その思いを持って試合に臨めた」(吉川智貴)の言葉に象徴されている。終わってみれば、王者はやはり王者だった。

 また、決勝戦に先立って行われた3位決定戦は、ペスカドーラ町田とバルドラール浦安が対決。前回大会と同様の組み合わせながらも、実は町田を率いる岡山孝介監督は当時は浦安を率いて3位になっている。そんな奇妙な巡り合わせとなった試合は序盤から町田が優勢に進めていた。2分に森谷優太のゴールで先制すると、10分には今大会をもっての引退を表明している橋本圭悟が決めて俄然勢いに乗っていく。そして後半にも2点を加え、終わってみれば4-1で勝利を収めた。

文・写真=本田好伸

PUMA CUP 2015 第20回全日本フットサル選手権大会 決勝ラウンド
2015年3月15日(日)
会場:国立代々木競技場第一体育館(東京都)

3位決定戦
12:00 ペスカドーラ町田 4-1(2-0、2-1) バルドラール浦安
決勝戦
15:00 デウソン神戸 1-3(0-0、1-3) 名古屋オーシャンズ

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
25pt
FC東京
16pt
川崎F
15pt
Jリーグ順位をもっと見る
大分
21pt
岡山
21pt
山口
20pt
Jリーグ順位をもっと見る
鳥取
14pt
沼津
13pt
YS横浜
11pt
Jリーグ順位をもっと見る