2015.03.14

町田、浦安、神戸、名古屋が接戦の末にベスト4進出を果たす/PUMA CUP 2015

町田はPK戦の末に府中を破りベスト4進出を果たした [写真]=本田好伸

 13日、PUMA CUP 2015 第20回全日本フットサル選手権大会の決勝ラウンドが代々木競技場第一体育館で開幕。1次ラウンドを勝ち抜いた6チームに、Fリーグのプレーオフ1位の名古屋オーシャンズ、同2位のシュライカー大阪を加えた8チームが激突しベスト4進出チームが決定した。

 この日行われた準々決勝の4試合は、1試合のPK戦を含め3試合が1点差以内で決着する接戦となった。特に、PK戦へともつれ込んだペスカドーラ町田と府中アスレティックFCの戦いはし烈を極めた。ただ序盤は府中のペースで試合が進んでいく。

 なかなかゴールこそ生まれないものの、シュートシーンや決定機の数で府中が上回ると、18分にソロカーバのシュートでようやく先制。終始主導権を握りながら試合を折り返した。しかし後半に入ると流れが大きく変わっていく。25分に篠崎隆樹のゴールで同点に追い付いた町田は、27分には呼吸の合った連係から相手を崩し、最後は中井健介が鮮やかにゴールを陥れて逆転に成功した。そこから試合は町田が勢いに乗るものの、試合終盤に府中が意地を見せる。皆本晃をGKと交代してのパワープレーを始めると39分、左サイドの山田 ラファエル ユウゴがグラウンダーのシュートを突き刺し、試合を振り出しに戻した。

 40分で決着が付かないまま勝負は延長戦へと突入。すると延長後半、47分に森谷優太が鮮やかなサイド突破からゴールを決めて町田が勝ち越しに成功すると、直後に府中も田村研人のゴールで追い付く。互いに譲らぬままPK戦での決着となった。両者1人目のキッカーが失敗し、以降は4人が成功。迎えた6人目、先行の町田が決めると、府中の岡山洋介が放ったシュートをGKイゴールがシャットアウトして勝負あり。もつれにもつれた試合だったが、最後に勝利の女神は町田に微笑んだ。

 デウソン神戸とシュライカー大阪の試合も神戸が先行するものの大阪が終盤に追いすがり1点を争う展開となるが、チームが一体となって戦った神戸に軍配が上がった。バサジィ大分と名古屋オーシャンズの試合も終盤まで2-2と拮抗した戦いを見せたものの、最後はエース森岡薫の突破からゴールを呼び込んだ名古屋が、大会連覇に向けて辛くも勝利を収めた。フウガドールすみだとバルドラール浦安の対決は、相手の特徴を把握した上で要所を押さえる大人な戦いぶりを披露した浦安が0-3ですみだを完封。1次ラウンドからの4試合で26得点2失点と攻守に冴え渡っている。

 いよいよベスト4が出そろい、ここから先はこれまで以上の総力戦となってくる。特に今大会は、Fリーグよりも2人多くベンチ登録できるため、そこを駆使できるかどうかが鍵を握ってくる。例えば、多くのチームは通常フィールドプレーヤー4人1組のセットを2セット組み、それを交代しながら試合を戦い、状況に応じてジョーカーを起用したり、セットを組み替えたりする。だが今大会は普段はなかなかできない3セットを組むことも可能。3日間で最大3試合を戦うことになるため、いかに消耗を防げるかという点で効果的な戦略だ。

 その点において選手層の厚さを誇る町田は試合を通じて3セットで臨み、2セットプラアルファの府中を攻略するなど、先を見据えた戦いで結果を残した。一方で浦安は、大会直前に主力2選手がケガで離脱する苦しい台所事情の中、続く準決勝の名古屋戦に挑むことになる。神戸は主力の出場時間が長くなるものの、ベンチワークと一体感に強みを持ち、そもそも名古屋はリーグ戦でも少数精鋭で戦い抜くほどで連戦にも慣れている。こうした各チームの事情を踏まえると、14日の準決勝、15日の決勝は、ベンチの戦略や選手の組み合わせ、出場時間なども注目ポイントになるだろう。

 決勝ラウンドに入ってより激しさを増す戦いは、この後どんな結果となるのだろうか。注目の戦いは、ぜひ会場で観戦することをお勧めする。日本一が決まるその瞬間は見逃せない。

文・写真=本田好伸

PUMA CUP 2015 第20回全日本フットサル選手権大会 決勝ラウンド
2015年3月13日(金) 準々決勝結果
会場:国立代々木競技場第一体育館(東京都)
12:30 ペスカドーラ町田 3-3(0-1、2-1、延前0-0、延後1-1、PK5-4) 府中アスレティックFC
14:45 フウガドールすみだ 0-3(0-2、0-1) バルドラール浦安
17:00 デウソン神戸 3-2(1-0、2-2) シュライカー大阪
19:30 バサジィ大分 2-3(1-2、1-1) 名古屋オーシャンズ

2015年3月14日(土) 準決勝組合せ
会場:国立代々木競技場第一体育館(東京都)
14:00 ペスカドーラ町田 vs デウソン神戸
16:30 バルドラール浦安 vs 名古屋オーシャンズ

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る