2015.01.31

Fリーグ2014/2015第30節名古屋セントラル……プレーオフ進出を狙う北海道が名古屋に勝利

北海道の守護神・関口は安定したパフォーマンスで名古屋の攻撃を防いだ [写真]=本田好伸

 30日、Fリーグ2014/2015 powered by inゼリーの名古屋セントラル初日2試合が行われた。リーグ戦は今節を含めて残り4試合となり、プレーオフ進出を懸けた各チームの熱い戦いが繰り広げられた。

 1試合目はバルドラール浦安とシュライカー大阪の対戦。すでに5位以内を確定させている浦安から勝ち点3をもぎ取るために、4位の大阪は“勝つためのプラン”を徹底した。ボール回しからできるだけリスクを掛けずにゴールを狙い、時折GK宮竹晴紀が相手陣内まで上がるパワープレーで常に数的有利な状況を作っていく。

 迎えた16分、左サイドで放った村上哲哉のシュートのこぼれ球に反応したヴィニシウスがゴールに蹴り込んで先制すると、浦安の攻撃を凌いで後半へと突入。そして23分、右サイドを抜け出したヴィニシウスからのパスを稲田瑞穂が中央で合わせ、大阪がリードを広げた。一方の浦安も、29分に右サイドでドリブルを仕掛けた稲葉洸太郎がそのままシュートを突き刺して1点差に迫ると、そこからさらに大阪を押し込んでいった。

 しかし次の1点を奪ったのは大阪。36分に森秀太が決めて再び2点差に戻すと、浦安は高橋健介をGKと交代してのパワープレーで反撃を開始。しかしこのハイリスクな攻撃の逆手を取った大阪は、“パワープレー返し”から2点を追加して勝負を決めた。浦安はその後2点を返したものの一歩及ばず、試合は3-5で決着した。

 2試合目は名古屋オーシャンズとエスポラーダ北海道の対決。「前の試合で大阪が勝ったので、うちの緊張も高まり(より一層)負けられないという気持ちが出た」(小野寺隆彦監督)と、5位の北海道が立ち上がりからギアを上げて王者に挑んでいた。そして11分、十川祐樹のゴールで先制に成功すると、13分にはカウンターから高山剛寛が決め、2点をリードして試合を折り返した。

 ビハインドを負った名古屋は後半、圧倒的な攻撃で北海道ゴールに迫り、再三にわたってチャンスを作り出していく。シュートは何度も枠を捉えていたが、日本代表としても成長著しい北海道の守護神・関口優志の安定したセーブと体を張った守備で、なかなかスコアを動かせない。さらに、吉川智貴の2本を含む3本のシュートがポストに嫌われるなど運にも見放されていた。これにはビクトル・アコスタ監督が「こういう日は負ける日」と嘆いたほどだった。

 名古屋は35分からペドロ・コスタをGKと交代してのパワープレーを始めると、その後も数々の決定機を生み出し、36分には前鈍内マティアス・エルナンのゴールでようやく1点を返すことに成功。しかし、北海道の集中が途切れることはなく、37分には室田祐希のパワープレー返しが決まり再びリードを広げた。

 名古屋は後半だけで29本、1試合で43本ものシュートを浴びせたが、結局ゴールは1本しか決まらず、終始試合の主導権を握っていたものの、北海道の執念の前に1-3で敗れ今シーズン5敗目を喫した。一方で勝利した北海道は、翌31日に大阪との直接対決を迎え、「疲労はあると思うが、1年間の集大成という気持ちで勝負しにいく」(小野寺監督)と意気込んだ。

Fリーグ2014/2015 powered by inゼリー 第30節、第31節
開催日:2015年1月30日
会場:テバオーシャンアリーナ/愛知県

[試合結果]
17:30 バルドラール浦安 3-5 シュライカー大阪
19:30 名古屋オーシャンズ 1-3 エスポラーダ北海道

写真・文◆本田好伸

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る