2015.01.17

FC東京が新シーズンに向けて始動…新加入のFW前田「優勝するために来ました」

FC東京
初のリーグタイトルを目指すFC東京が2015シーズンに向けて始動した

 FC東京は17日、小平グランドで初練習を行い、2015年シーズンのスタートを切った。練習の前には阿久根謙司社長、2月から社長に就任予定の大金直樹常務がサポーターの前で挨拶。選手が登場する前の待ち時間には急遽、質問タイムが設けられ、サポーターからは「(背番号)『11』が空いているのはなぜですか」という質問が飛び、大金常務は「もう一人くらい補強したい。これで戦える自信はありますが、いろんな意味でもう一人いれば。これは正直な気持ちです」と真摯に返答した。

 続いて選手やスタッフがサポーターの前に姿を現し、2シーズン目を迎えるマッシモ・フィッカデンティ監督は「ここ(小平グランド)でもう一度、この場所に立っていられることをうれしく思います。素晴らしい応援にふさわしい結果を返したいと思います。今年は大きな結果をプレゼントしたい」と新シーズンへの意気込みを語った。

 続いて新加入選手が順にサポーターへ挨拶。栃木から加入した35歳のGK榎本達也は「加入してすぐに最年長ということで、若い選手に喝を入れていきたいと思います。優勝争いではなくて、優勝するためにやっていきたい」とベテランとしてチームを支える所信表明をした。

 流経大柏からプロの扉を叩いたDF小川諒也は「僕は最年少になるので、先輩から学んで優勝に少しでも貢献できるようにがんばりたいです」、FC東京U-18から昇格したMF佐々木渉は「早くスタメンで出られるように一日一日の練習から頑張っていきたいです」、札幌から期限付きで加入したDF奈良竜樹も「チームのリーグ優勝に貢献できるように頑張ります」と初々しくコメント。

 磐田から加入したFW前田遼一は「自分自身、成長するため、リーグ優勝するために来ました。応援よろしくお願いします」と力強く話し、サポーターから大きな拍手が上がった。

 最後にアジアカップで不在のキャプテン森重真人の“代打”として、チームを代表してDF徳永悠平がサポーターの前に。「皆さん、明けましておめでとうございます。まずは去年はふがいない結果だったので、ここにいる誰一人満足している選手はいません。14戦負けなしをした時のような戦いをするため、キャンプからいい競争をして、開幕から100パーセントでいけるようにトレーニングしていきたいです。味の素スタジアムに足を運んで熱い応援をお願いします」と堂々とした挨拶を行った。徳永の「礼」の号令でチーム全員で一礼し、初練習をスタートさせた。

 初のリーグタイトルを目指す東京は、22日から30日まで沖縄県国頭村で一次キャンプ、2月に宮崎県都城市、福岡県福岡市でキャンプを経て、3月7日には昨年3冠を達成したG大阪との開幕戦に臨む。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
22pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
17pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
19pt
バイエルン
17pt
ライプツィヒ
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
22pt
バレンシア
18pt
レアル・マドリード
17pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
24pt
インテル
22pt
ユヴェントス
19pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
64pt
川崎F
59pt
柏レイソル
53pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
77pt
福岡
68pt
長崎
67pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
52pt
沼津
47pt
秋田
46pt
Jリーグ順位をもっと見る