2014.12.21

フットサル日本女子代表……国内で初の国際親善試合でチャイニーズ・タイペイに逆転勝利

国内で初めてフットサル日本女子代表の国際親善試合が行われ、3-1で勝利を飾った [写真]=本田好伸

 20日、グリーンアリーナ神戸(兵庫県)でフットサル日本女子代表の、国内では初となる国際親善試合が開催された。チャイニーズ・タイペイ女子代表を迎えた日本は前半こそ0-1で折り返しながらも後半に反撃し、歴史に刻まれる重要な試合で3-1の逆転勝利を飾った。

 14日まで、コスタリカでの第5回世界女子フットサルトーナメントに参加していた日本女子代表にとって、疲労や時差ぼけが抜け切らない中での試合となった。この大会は、まだ組織されていない女子フットサル・ワールドカップに相当する位置付けのものでもあり、日本は女王ブラジルや世界4強の一角であるポルトガル、ロシアと同組という厳しいグループを戦い、ロシアに劇的な逆転勝利を収めるなど大きな成果を手にした。

 その凱旋試合となったこの日、前半は“らしさ”を全く出せない展開となった。立ち上がりの2分、江にドリブル突破からエリア内への侵入を許すと、関灘美那子のクリアボールが自ゴールに転がりオウンゴールで先制点を奪われ(公式記録上は、江のゴールとなった)、その後も初歩的なトラップミスや連係ミスが目立ち、同点にできないまま時間だけが経過していた。15分に取ったタイムアウト後には状況がやや好転し、何度かチャンスを作り出していたものの、「選手の表情は尋常ではなく、青白い顔をしてベンチに戻ってきていた」(在原正明監督)と言うほどに、日本代表としての誇りを持って戦うことへの重圧や責任感からか、選手は緊張や不安を露わにし、地に足が着かないプレーに終始していた。

 世界トップレベルの相手との対戦では常にチャレンジャーとして、それ相応の戦術やプランを持って試合に挑んでいたが、一方でアジアにおいてはアジアインドアゲームズで3連覇を果たした女王であり、格下のチャイニーズ・タイペイに同じ戦い方を選択しても、うまくはいかない。そのギャップを修正できないまま、前半は1点のビハインドを負ったまま折り返すことになった。

「選手はロッカールームで腹の底から声を出せていた」(在原監督)と、戦術云々ではなくメンタル面で気合を入れ直した日本は後半、ゴールへと積極的に向かっていき、前半とは見違えるような動きを見せていく。22分に左サイドの高い位置に入った横山純子にパスが通ると、これを横山が間髪入れずに中央へと落とし、走り込んだ藤田靖香がシュートを突き刺した。同点に追い付いた日本は一気に試合のペースをつかんで立て続けにチャンスを作り出すと、気が付けば会場も日本への期待感に満ちた雰囲気へと一変していた。

 リズム良く攻撃を組み立てていく日本は30分、中央から左サイドに流れた吉林千景が強烈なシュートを放つと、GKが弾いたボールに関灘が詰めて逆転に成功。さらにその14秒後には、吉林が中央に切り込んでの豪快なミドルシュートを突き刺し、リードを広げる。その後は持ち味のプレスも機能して相手から攻撃の選択肢を奪っていくと、最後の最後まで追加点を狙って攻め続けた。終了間際にはこの試合で数々のチャンスを作り出した坂田睦や中野絵美のシュートがクロスバーをたたくシーンもあったがゴールを決めることはできず、試合は3-1で記念すべき試合を日本が勝利で飾った。

 後半は選手の持ち味が発揮されたが、一方で前半の不甲斐なさ、メンタル面でのもろさや多くの課題も挙がった。今後は、2015年9月に予定されている第1回AFCフットサル選手権に向けて代表活動が組まれていく。アジア女王として臨むAFC主催の初の女子大会で、彼女たちはどんなプレーを見せるのか。いずれにせよ、初めて開催されたこのホームでの国際親善試合が大きな糧となることは間違いないだろう。

フットサル日本女子代表国際親善試合
開催日:2014年12月20日
会場:グリーンアリーナ神戸/兵庫県

[試合結果]
15:00 フットサル日本女子代表 3-1 チャイニーズ・タイペイ女子代表

写真・文◆本田好伸

Jリーグ順位表

川崎F
60pt
サンフレッチェ広島
56pt
FC東京
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
69pt
町田
68pt
大分
66pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
59pt
鹿児島
48pt
沼津
44pt
Jリーグ順位をもっと見る