2014.02.11

PUMA CUP 2014 組み合わせ決定…名古屋は地域勢3チームと対戦

PUMA CUP 2014の組み合わせが決定。頂点の座に輝くのはどのチームか。 [写真]=本田好伸

SK_pumacup_0211
 10日、日本サッカー協会は「PUMA CUP 2014 第19回全日本フットサル選手権大会」の公開抽選会を都内で開催。国内最高峰のリーグであるFリーグの各チーム勢と、予選大会を勝ち抜いた地域勢が一堂に会する同大会の3月の開戦を前に、1次ラウンドと決勝トーナメント1回戦の組み合わせが決定した。

 PUMA CUP 全日本フットサル選手権大会は、サッカーで言うところの天皇杯に相当し、Fリーグの10チームと、各地域予選大会を勝ち抜いた14チームの合計24チームが参加。4チームずつの6グループに分かれて、宮城県、静岡県、愛知県、大阪府での1次ラウンド(3月7日~9日)を行い、勝ち上がった8チームが東京・代々木での決勝トーナメント(3月14日~16日)へと進出する。

 今回の抽選会には、大仁邦彌日本サッカー協会会長、大会の特別協賛社であるプーマ ジャパン株式会社の李孝代表取締役社長、松崎康弘日本サッカー協会常務理事、北澤豪日本サッカー協会理事、フットサル日本代表監督のミゲル・ロドリゴ氏が列席。そして、前回大会優勝チームの名古屋オーシャンズ、同2位のフウガすみだの代表選手、一般の公募者約60名が参加して抽選会が行われた。決定した組み合わせは下記の通り。

【PUMA CUP 2014 第19回全日本フットサル選手権大会 1次ラウンド】
2013年3月7日(金)~9日(日)
※決勝トーナメントは2014年3月14日(金)~16日(日)、東京・代々木競技場第一体育館にて開催

大阪会場/舞洲アリーナ
<グループA>
デウソン神戸
フウガすみだ(関東地域第1代表)
湘南ベルマーレ
プラセールフットサルクラブ(四国地域代表)

大阪会場/舞洲アリーナ
<グループB>
シュライカー大阪
バルドラール浦安セグンド(関東地域第2代表)
あがりゃんせフットサルクラブ(関西地域第2代表)
広島エフ・ドゥ(中国地域代表)

愛知会場/テバオーシャンアリーナ
<グループC>
バサジィ大分
カティオーラ・アズナ(九州地域第2代表)
府中アスレティックFC
ビークス白山(北信越地域代表)

愛知会場/テバオーシャンアリーナ
<グループD>
名古屋オーシャンズ
ディヴェルティード旭川(北海道地域代表)
ボルク北九州(九州地域第1代表)
ロボガト(東海地域第1代表)

静岡会場/エコパアリーナ
<グループE>
アグレミーナ浜松
エスポラーダ北海道
府中アスレティックFC
デリッツィア磐田(東海地域第2代表)
カフリンガ東久留米(関東地域第3代表)

宮城会場/古川総合体育館
<グループF>
ヴォスクオーレ仙台(東北地域代表)
バルドラール浦安
ペスカドーラ町田
SWHフットサルクラブ(関西地域第1代表)

 1次ラウンドで最も激戦が予想されるのは、前回大会準優勝のフウガすみだが入ったグループA。来シーズンからのFリーグ参入を決めているすみだと、デウソン神戸、湘南ベルマーレとの三つ巴の戦いは必至。今大会の大きな見どころである、“F対地域”の激闘が繰り広げられるだろう。

 さらに、すみだ同様、来シーズンからFリーグに参戦するヴォスクオーレ仙台、Fリーグからバルドラール浦安とペスカドーラ町田、関西屈指の強豪SWHフットサルクラブが相見えるグループFも激闘が予想される。各グループ1位に加え、グループ2位のうち上位2チームが決勝トーナメントに進めるだけに、ワイルドカード争いも見逃せないポイントとなる。

 グループDの名古屋オーシャンズ対ロボガトの“愛知ダービー”、グループEのアグレミーナ浜松対デリッツィア磐田の“静岡ダービー”も今大会ならではのダービーマッチ。Fリーグのチームといえども、決して簡単な勝負はないだろう。地元サポーターや会場の声援を味方に付け、躍進を遂げるのは果たしてどのチームか。フットサルの頂上決戦、PUMA CUP 全日本フットサル選手権大会の開幕は3月。日本一のフットサルチームが決まるその瞬間を見逃せない。

文・写真=本田好伸

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
25pt
FC東京
16pt
川崎F
15pt
Jリーグ順位をもっと見る
大分
21pt
岡山
21pt
山口
20pt
Jリーグ順位をもっと見る
鳥取
14pt
沼津
13pt
YS横浜
11pt
Jリーグ順位をもっと見る