2014.01.12

サッカー界注目の“新成人”は? 2014年に成人式を迎える選手を紹介

久保裕也
スイスのヤング・ボーイズで主力として活躍する久保 [写真]=Getty Images

 1月13日は成人の日。今年は、1993年度(1993年4月2日~1994年4月1日)に生まれた人が新成人となる。今回は2014年の活躍が大いに期待されるサッカー界注目の“新成人選手”を紹介しよう。

 1993年度の世代で最も期待されているのが、スイスのヤング・ボーイズでプレーする久保裕也だ。昨年6月に京都から渡欧した久保は、今シーズン、リーグ戦18試合に出場して4ゴール、4アシストを記録。昨年12月の首位バーゼル戦では途中出場ながら値千金の同点ゴールを決めるなど主力として存在感を示している。

 国内では昨シーズン、新潟でJ1初ゴールを挙げた鈴木武蔵を筆頭に、J2でシーズン8得点を記録した北九州のFW渡大生、G大阪でレギュラーの座を射止めた大型DFの西野貴治、長崎からFC東京への復帰が決まった幸野志有人など、2016年リオデジャネイロ五輪を目指すU-21代表世代の活躍が期待されている。

 女子に目を向けるとINAC神戸の京川舞と田中陽子や浦和の猶本光ら、2012年U-20女子ワールドカップで3位に輝いたヤングなでしこの主力メンバーが晴れて成人式を迎える。

 海外選手で成人式の定義に該当する選手をピックアップすると、エヴァートンのエースとして活躍するベルギー代表のロメル・ルカク、レアル・マドリードで主軸を担うフランス代表のラファエル・ヴァラン、内田篤人の同僚でシャルケのユリアン・ドラクスラーなど、そうそうたる顔触れが並ぶ。

 W杯イヤーとなる2014年はサッカー界にとって重要な1年となる。2016年のリオ五輪はもちろん、今後の日本サッカー界を担う彼らの活躍に注目したい。

 主な新成人サッカー選手は以下のとおり。

亀川諒史(湘南ベルマーレ/U-21日本代表)
西野貴治(ガンバ大阪/U-21日本代表)
奈良竜樹(コンサドーレ札幌/U-21日本代表)
幸野志有人(FC東京/U-21日本代表)
為田大貴(大分トリニータ/U-21日本代表)
渡 大生(ギラヴァンツ北九州/U-20日本代表)
荒野拓馬(コンサドーレ札幌/U-21日本代表)
鈴木武蔵(アルビレックス新潟/U-21日本代表)
久保裕也(ヤング・ボーイズ)
京川 舞(INAC神戸レオネッサ/日本代表)
田中陽子(INAC神戸/日本代表)
猶本 光(浦和レッズレディース/U-20日本代表)

ロメル・ルカク(エヴァートン/ベルギー代表)
ラファエル・ヴァラン(レアル・マドリード/フランス代表)
ユリアン・ドラクスラー(シャルケ/ドイツ代表)
ロス・バークリー(エヴァートン/イングランド代表)
アレックス・チェンバレン(アーセナル/イングランド代表)

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
64pt
川崎F
59pt
柏レイソル
53pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
77pt
福岡
68pt
長崎
67pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
52pt
沼津
47pt
秋田
46pt
Jリーグ順位をもっと見る