FOLLOW US

『サカつくRTW』秘書最終選考会の模様を2月25日に生放送。ご当地秘書候補8人の熱いバトルを見逃すな!

昨年12月にJリーグモードが実装され、ますます盛り上がりを見せるスマホアプリゲーム『プロサッカークラブをつくろう! ロード・トゥ・ワールド』(以下サカつくRTW)が、ゲーム内に実装される秘書を決定するオーディション大会「全国サカつく秘書オーディション 秘書リーグ」を開催中だ。

今回のオーディションでは、地元を愛し、地元チームを育てる「サカつく」のテーマにのっとって全国8エリアから選抜された8人の秘書候補が、ゲーム内に実装される秘書の座を巡って様々な対決を行う。

昨年12月21日に放送された「秘書リーグ」の第1回では、8人の秘書候補が2つのお題にチャレンジ。自身の担当エリアの推しポイントやJリーグクラブをアピールする「お国自慢バトル」と、サッカーや「サカつく」にちなんだクイズに答える「クイズバトル」で火花を散らした。

山田理一郎プロデューサーと宮崎伸周ディレクターによる採点方式で争われた「お国自慢バトル」では、東北各県の魅力を紙芝居を用いて伝えた東北エリア代表の木村悠里さんが16ポイントの最高点を獲得。また、東海エリア代表の井上里奈さんは名古屋グランパス元監督のストイコビッチさんが岐阜名産の鮎を好んで食べていたというエピソードを披露、関西エリア代表の阪本久瑠実さんは大阪グルメや“公認セレ女”として知られる「たこやきレインボー」などを紹介して高ポイントを獲得した。

お手製の紙芝居を披露した東北エリア代表の木村悠里さん

4択形式で行われた「クイズバトル」では、“Jリーグの最短ハットトリック達成時間”や“セリエAに挑戦した日本人選手の人数”といった難問も出題されて候補者たちは大苦戦。それでも東海エリア代表の井上里奈さんと九州・沖縄エリア代表の杉山綾菜さんが5問中4問に正解して20ポイントをゲットした。

次々と難問に答えていく秘書候補たち

この結果、2つのバトルで計34ポイントを獲得した東海エリア代表の井上里奈さんが秘書リーグの暫定トップに浮上。「1位になれてホッとしています。東海エリアのみなさん、ぜひ応援してください」と視聴者に呼びかけた。一方、クイズバトルでまさかの全問不正解に終わった北海道エリア代表の山下まみさんは「伸びしろがあるということなので、諦めずに頑張っていきたい」と今後の巻き返しを誓った。

■秘書リーグ暫定順位

オーディションの最終選考会となる秘書リーグの第2回は2月25日(月)に生放送が決定。サッカーキング編集部が入手した情報によると、バトルの一つは候補者たちが即興でアフレコを行う「ガチンコアフレコバトル」だという。秘書候補の8人はいずれも声優さんだけにアフレコ対決は見どころ満載! 真の秘書にふさわしいのは果たして誰なのか? 8人の秘書候補たちの熱いバトルを見届けよう。

■気になる秘書候補のプロフィールはこちら
秘書リーグ特設サイト:https://sakatsuku-rtw.sega.com/h-league/

【サカつくRTW 概要】
名称:プロサッカークラブをつくろう! ロード・トゥ・ワールド
ジャンル:スポーツ育成シミュレーションゲーム
配信機種:iOS / Android
価格:基本無料(アイテム課金)
メーカー:セガゲームス
著作権表記:© SEGA(公財)日本サッカー協会公認
LICENSED BY JAPAN PROFESSIONAL FOOTBALL LEAGUE
The use of images and names the football players in this game is under license from FIFPro Commercial Enterprises BV. FIFPro is a registered trademark of FIFPro Commercial Enterprises BV.

■公式サイト:https://sakatsuku-rtw.sega.com
■公式ツイッター:https://twitter.com/sakatsuku_com

■12月21日放送「全国サカつく秘書オーディション 秘書リーグ」の模様はこちら

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO