FOLLOW US

ウイイレ2018世界王者が決定! 日本から参戦のSOFIA選手とMayageka選手は惜しくもGL敗退

ウイイレ2018世界王者に輝いたエットリート

『ウイニングイレブン2018』の世界一を決める「PES LEAGUE WORLD TOUR 2018 WORLD FINALS」が21日にバルセロナで開催された。

 PES LEAGUE WORLD TOUR 2018はこれまで「アジアラウンド」、「南北アメリカラウンド」、「ヨーロッパラウンド」が開催されており、今回行われるWORLD FINALSはその決勝大会となる。各大会で得たポイントランキングの上位8選手が出場し、日本からはヨーロッパラウンドを制したソフィア(SOFIA)と、アジアラウンド・ベスト4のマヤゲカ(Mayageka)が参戦した。

 大会は8人が2組に分かれてグループリーグを行い、各組上位2名が決勝トーナメントを戦う。グループAにはアジアラウンドと南北ラウンドを制したティオミート(TioMiit_PW)、南北ラウンド準優勝のエフメストレ(FMestre12_PW)、ホセ(josesg93)、そしてマヤゲカが入った。

 マヤゲカは初戦でホセに3-1と勝利し幸先のいいスタートを切ったが、ここから2連敗を喫し、グループリーグ敗退となってしまった。A組はティオミートが2勝1分けで順当に1位抜け、エフメストレが2位で決勝トーナメントへ進んだ。

マヤゲカ

マヤゲカはグループリーグ敗退

 一方、グループBには優勝候補であるアレックス・アルグアシル(Alex Alguacil)、エットリート(Ettoirito97)、ソフィアの3人と南北アメリカラウンド・ベスト4のヘンリキーニョ(HenrykinhO)が入った。

 初戦ではヨーロッパラウンド決勝でも激突したソフィアとアレックスがいきなり対戦。前回対戦時は接戦をモノにしたソフィアだったが、今回は終了間際の失点で敗れ、黒星スタートとなった。ソフィアは2戦目でエットリートに2-1で競り勝ったが、最終戦では終盤に同点ゴールを奪われ、引き分けに終わる。結局このグループはエットリートが2勝1敗で1位通過。アレックスとソフィアは1勝1分け1敗で並んだが、直接対決の結果でアレックスが上回り、ソフィアはグループリーグで姿を消すこととなった。

ソフィア

惜しくも決勝トーナメント進出を逃したソフィア(左)

 決勝トーナメントでは、エットリートがエフメストレに2-0で勝利。また、アレックスが優勝候補筆頭のティオミートに2-1で競り勝ち、決勝進出を果たした。

 グループリーグでも対戦したエットリートとアレックスによるファイナルは、0-0で迎えた後半立ち上がりにエットリートが鮮やかなループシュートで先制。ここから2点を加えたエットリートが3-0で勝利を収め、見事チャンピオンに輝いた。

 また、同大会は1vs1モードに加えてCO-OPモードを使用した3vs3によるトーナメントも実施。こちらは1vs1モード覇者エットリート率いるBroken Silenceが決勝でTOTAL FOOTBALLを2-0で破り、王者となった。

エットリート

エットリート(中央)率いるBroken SilenceがCO-OPモード王者に輝く

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA