2017.06.22

人気サッカーゲーム『BFB』新プロデューサー、森下Pに聞く“新局面”

サッカーキング編集部

 株式会社サイバードがApp StoreおよびGoogle Playにて配信している思考型シミュレーションサッカーゲーム『BFBチャンピオンズ 2.0~ Football Club Manager~』(以下、『BFBチャンピオンズ 2.0』)は、6月で配信開始から1周年を迎える。

 これまでディエゴ・マラドーナといった有名選手やマンチェスター・シティ、アーセナルといった有名クラブ、サッカー漫画『キャプテン翼』など様々なジャンルとコラボするなど、サッカーゲーム業界の中でもいろいろな取り組みを行ってきた作品だが、この度、これまで作品を手掛けてきた名物プロデューサーである阿部Pが退任。後任として作品に携わってきた森下Pを迎え、新たな一歩を踏み出す。

 今回はその森下Pに早速話をうかがい、意気込みや今後の展望を聞いた。

インタビュー=小松春生

―――『BFB』新プロデューサー就任おめでとうございます。まず森下Pのこれまでのキャリアを教えてください。

森下P 『BFB』シリーズの前身である『バーコードフットボーラー』シリーズの時から、運営のディレクターとして作品には関わらせていただいています。イベントやキャンペーンの企画、アップデートコンテンツの準備などに携わってきました。今回、名物プロデューサーであった阿部Pの後任となり、プレッシャーをすごく感じますが、さらに魅力的なゲームにできるよう頑張っていきます。

―――お話にも挙がりましたように、これまで『BFB』シリーズは阿部Pという名物プロデューサーが長年、担当されていました。その後任という形になります。

森下P このゲームを立ち上げたのは阿部Pで、その思いや、やりたかったことが体現されているゲームだと思います。僕はシリーズの途中から参加しましたが、その阿部Pの思いを引き継いでいこうと思っています。阿部Pのサッカーに対する情熱や愛は計り知れないものがあり、それは到底追いつけないほどです(笑)。僕らしさを出していけるとすれば、サッカーへの情熱をゲームで体現することを引き継ぎつつ、よりゲームとして何がもっとあればいいか、どういったゲームバランスが楽しいのかを加えていけたらと思います。

―――これまで積み重ねてきたものに、さらに上積みをもたらすということですね。

森下P そうです。長年『BFB』シリーズを楽しんでいただいているユーザーの皆さまは「これが『BFB』だ」という軸が絶対にあるはずです。そこを壊してしまってはいけません。ただ、まだまだやれることがたくさんあると思っています。僕らしく「ゲームとして面白い」というところを中心に据えて改善していきたいです。それが今後の『BFB』シリーズの方向性だと思います。

―――現在配信中の『BFBチャンピオンズ2.0』について、魅力やアップデートの反響を教えてください。

森下P 『BFB』は最強のサッカーチームを作り上げていくシミュレーションゲームです。これまでのシリーズでは、「ソロプレーで遊ぶキャリアモード」、「ユーザーさん同士が作ったチームで対決して世界一を決める代表戦」がメインコンテンツでした。この中間に収まるようなコンテンツとして、今年3月に「アリーナ」を新たに搭載しました。

 新規の方にとって、代表戦は強力なプレイヤーが多いので大変かもしれません(笑)。ワールドカップをイメージしているだけあって長いスパンで予選が行われ、たくさんの試合数を戦って1位を競うモードとなります。当然その頂点は一握りになります。それに比べて「アリーナ」は皆さまが作ったチームで戦い、必要試合数も少なめに設定してあります。基本的にリーグ昇降格の概念がなく、上のクラスを目指して自分のペースで遊ぶモードです。一番上まで上がればランキング戦を楽しめるものになっています。よりライトに楽しみたい方向けのモードなので新規のプレイヤーの方にはおすすめですね。

 そういう意味では「アリーナ」はキャリアモードを経て、代表戦へと進むユーザー対戦の登竜門のような位置づけと言えます。さらに、代表戦では長年遊んでいただいているユーザーの方と、新しく始めたユーザーの方にどうしても格差がありますので、その格差を埋める要素として、「アリーナブースト」というシステムを実装しました。

 これは特定の国籍や年代の選手、フォーメーションを選択した時など、条件を満たした時に選手能力がアップする機能です。そしてその条件は毎週変わります。例えば、「イングランド国籍の選手で固めることが能力アップの条件」という大会があるといった具合です。能力アップの条件が毎週変わりますので、決められたスタメンのチームばかりが強いといったこともなくなり、チーム作りにプレイヤーの皆様が頭を悩ませることも面白さの一つになっていると思います。

 また、豊富なコラボレーションも『BFB』シリーズの特徴ですね。クラブチームや有名選手ももちろんですが、それ以外に様々なコラボを今後も実施していきます。ゲーム内のコミカルな頭身キャラクターも含め、大切にしていきたい世界観ですね。

―――ゲームはジャンルに限らずやり込むほど強くなりますが、一方で初心者には敷居が高くなってしまいがちです。そのハードルを下げることにもなりますね。

森下P 「アリーナ」は1日5試合、6日間30試合というライトな試合数でランキングを競うので、隙間時間で気軽に参加してもらえればと思います。強化条件の組み合わせは様々で、正解はなかなか解き明かせません。意外な選手が大活躍する可能性もあります。あとは、対戦相手のメンバー選びや戦い方を見ることも、「そう来たか」という発見があったりで、楽しんでいただけると思います。

―――『BFBチャンピオンズ2.0』は配信から1周年を迎えます。

森下P おかげさまで6月29日で一周年を迎えます。先駆けて現在1周年キャンペーンをスタートしています。また、このタイミングで幸運だなと思っていますが、レアル・マドリードとのコラボが6月20日からスタートしました。世界最強チームとのコラボとなりますが、20日からEXというスペシャリティがついたクリスティアーノ・ロナウド選手をログインボーナスでプレゼントします。そのC・ロナウド選手をチームに入れ、育てていただくイベントも実施します。

―――プロデューサー就任直後にチャンピオンズリーグを制したチームとのコラボ企画が始まるとは、“持って”いますね。

森下P 結果的に運良くなんですが、CL決勝はハラハラして見ていました(笑)。これで負けたらどうなってしまうのかなと。今回のキャンペーンでは選手はもちろん、ユニフォームやエンブレムなどもプレゼントがありますので、そのまま100%、最強のレアル・マドリードを再現していただけると思います。

―――レアル・マドリードとのコラボと並行して、1周年のキャンペーンも実施していくとは豪華ですね。

森下P これまで支えていただいた皆さまに感謝の気持ちを込めて、今回はかなり豪華な内容のキャンペーンとなっています。レア度が最高の★7の選手たちが入手できるログインボーナスがたくさん組まれています。有力な選手もたくさん出てきますので、この機会にぜひゲットしていただければと。思い描くドリームチームも一気に作れると思います。そこをぜひ楽しんでいただきたいですね。

―――欧州のクラブだけでなく、Jリーグクラブともたくさんコラボされましたね。

森下P そうですね、『BFB』は微力ではありますが、サッカー界全体を盛り上げていきたいという気持ちのもとで動いています。国内であれば町田ゼルビア、湘南ベルマーレといったJ2クラブ、はたまた香港プレミアリーグのクラブにもフィーチャーして選手を実装していくことで、よりサッカーを深く知っていただければと考えてきました。サッカーファンのみなさんと一緒に盛り上げていけるような企画を今後も積極的に進めていきたいと思います。

―――コラボという点で言えば、『BFB』シリーズの大きな特徴で、サッカー界とは全く関係のないものとのコラボも魅力です。今後の構想はありますか?

森下P これまで、かなり奇抜なキャラクターなどとタイアップさせていただきました。その方向性は引き継いでいきたいと思っています。サッカーに寄っているものとしましては、サッカー漫画の金字塔である『キャプテン翼』とコラボさせていただきましたし、『BFB』シリーズ独特の等身にフィットすれば、何も問いません。例えば、今年のエイプリルフールには『BFBチャンピオンZoo』というダジャレも交えて、動物園とコラボをさせていただきました。その時に配信したエンブレムが意外と人気で、未だに使っていただいている方も多くいらっしゃいます。今回のレアル・マドリードとのコラボで言えば、関連してレアル・マドリード公式ウォーターの『ソラン・デ・カブラス』が選手として登場します。

―――水が選手に?…とは一体どういうことでしょうか?

森下P 顔が忠実に再現された『ソラン・デ・カブラス』のボトルになった選手が登場して、ピッチを駆け回るんです。クラブ公式ウォーターなので、レアル・マドリードのユニフォームを着た選手たちをそろえていただき、この選手も少なくともベンチには置いてほしいですね。“水”なので(笑)。ほかにも1周年キャンペーンの中で大きなコラボをいくつか展開していく予定ですので、楽しみにしていただければと思います。

―――この1年を振り返って、森下さんご自身としてはいかがでしたか?

森下P あっという間でした。いろいろ難しさも知る1年だったと思っています。僕自身、グローバル展開する作品に携わることが初めてでした。時差や国民性、権利関係…、考えなければいけないことが山ほどありました。常に神経をピリピリさせ、自問自答しながらやってきた1年だと思います。数多くの世界的に大きなクラブチームともタイアップさせていただきましたし、非常に充実していましたね。

―――最後に、改めてプロデューサーに就任されての意気込み、『BFB』ファンの方へのメッセージをお願いします。

森下P 『BFBチャンピオンズ2.0』が配信1周年を迎え、シリーズを通じては5年もの長い間を支えていただいた、たくさんの『BFB』ユーザーさんには本当に感謝しています。ありがとうございます。これからもみなさんの期待を裏切らないように『BFB』らしさを貫きながら、「サッカーソーシャルゲームではこのゲームが一番面白いね」と思ってもらえるようなコンテンツを追加していきます。それに加え、今あるもののクオリティをより上げていくことを続けていきながら、ユーザーさんの声に耳を傾けて運営していきたいと思います。今後とも、よろしくお願いします。

■■『BFB チャンピオンズ 2.0~Football Club Manager~』基本情報
『BFB チャンピオンズ 2.0~Football Club Manager~』は、プレイヤーがサッカークラブの監督として、世界各地を巡りながらキャリアを磨き、様々な監督ライセンスを取得し、自らのチームを世界一へと導いていく思考型シミュレーションサッカーゲームです。また、現在配信中の『BFB 2017』でご好評いただいたゲームシステムを格段に進化させ、今までにないスケールでパワーアップした”BFB”を提供します。

■配信概要
名称:BFB チャンピオンズ 2.0~Football Club Manager~
情報提供:株式会社サイバード(BFB スタジオ)
配信開始日:2016年6月29日
対応:iOS7.0以降(iPhone/iPad/iPod touch)/Android4.0.3以上
情報量:基本プレイ無料(アイテム課金有り)
コピーライト:©2016 CYBIRD
■Google Play URL:
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.cybird.bfb.champ

■App Store URL:
https://itunes.apple.com/jp/app/id1047566421

■『BFB チャンピオンズ 2.0~Football Club Manager~』公式サイト:
http://www.bfbchamp.com

Jリーグ順位表

川崎F
57pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
69pt
町田
68pt
大分
66pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
56pt
鹿児島
45pt
沼津
44pt
Jリーグ順位をもっと見る