2017.04.24

『ウイイレ2017』アジア代表は日本人2名に決定! CL決勝の地カーディフで世界一目指す

アジア代表となったまやげか(左)、じょー(右) [写真]=瀬藤尚美
サッカー総合情報サイト

 JFAハウス内にあるバーチャルスタジアムにて、『ウイニングイレブン 2017』の公式e-Sports世界大会『PES LEAGUE ROAD TO CARDIFF』のアジア地域代表決定戦が23日に開催された。

『PES LEAGUE ROAD TO CARDIFF』とは、『ウイニングイレブン 2017』シリーズのNo.1を決する世界大会で、各国・各地域で予選大会を行い、6月にUEFAチャンピオンズリーグ決勝の地、ウェールズのカーディフで世界決勝を開催。優勝賞金約2300万円(20万ドル)、準優勝賞金約1150万円(10万ドル)、3位は約575万円(5万ドル)が贈呈される大会となっている。

 前日に開催された日本代表予選を勝ち抜いた4名と、アジアの各地域でのオンライン予選を勝ち上がった6名(韓国2名、香港2名、インドネシアとマレーシア各1名)、計10名がカーディフ行きの切符2枚を懸けて争った。

[写真]=瀬藤尚美

 まず5名ずつに分かれてのグループステージが開催。ここで力を見せたのが、ホスト国の日本勢だった。グループAでは、“じょー”と“しろー”の日本人2人が上位2名に入り、代表決定戦へ進出。グループBでも“まやげか”が決定戦へ向けて首位通過し、韓国代表の“Leopard”とともに、世界大会進出を懸けることになった。

 代表決定戦はグループ1位と2位がたすき掛けで対戦。2試合の合計スコアで競われ、第1試合となった「じょー vs Leopard」から激闘となる。使用チームは両者バルセロナ。2-2で迎えた89分に途中出場のデニス・スアレスの得点でLeopardが先勝する。

 第2試合、グループステージで4試合19得点を挙げていた逆転突破を狙うジョーが魅せた。2-1でじょーが1点リードで迎えた後半の63分、アンドレス・イニエスタのフライスルーパスをエリア内に走り込んだルイス・スアレスが、アクロバティックなバックヒールボレー“スコーピオンシュート”を決め、リードを広げるとそのまま試合終了。2戦合計5-4で、じょーがカーディフへの切符を手に入れた。

[写真]=瀬藤尚美

 決定戦もう1試合は日本人同士の対戦。こちらもバルセロナ同士の対戦となったが、第1試合を3-1で白星を手にしたまやげかが、2試合目をなんと8-1というスコアで圧倒。2試合合計11-2でアジア地域代表の座を手に入れた。

 世界大会進出を決めた2名による決勝ではまやげかが3-2で勝利。アジア予選での優勝賞金2万ドルを手にした。また、2位のじょーには1万ドル、3位決定戦に勝利したLeopardには6000ドル、4位のしろーには4000ドルの賞金が贈られている。

『PES LEAGUE ROAD TO CARDIFF』決勝大会は6月3日に開催されるチャンピオンズリーグ決勝に合わせてカーディフで開催。ヨーロッパ代表8名、アメリカ大陸代表4名、アジア代表2名、その他地域代表2名の計16名で世界一の座が争われ、世界大会参加者はCL決勝をスタジアムで観戦できる権利も手にできる。

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
58pt
川崎F
52pt
柏レイソル
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
70pt
長崎
59pt
福岡
58pt
Jリーグ順位をもっと見る
沼津
45pt
秋田
44pt
栃木
43pt
Jリーグ順位をもっと見る