2016.04.18

話題のスマホゲーム『プニサカ』配信間近! 編集部Sがコロプラを直撃して遊んでみた……

サッカー総合情報サイト

 株式会社コロプラがこの春に配信を予定しているスマートフォン用アプリ『激突!! Jリーグ プニコンサッカー』(以下、プニサカ)。Jリーグの選手たちが実名で登場するゲームということもあり、サッカー界ではにわかに期待が高まっている。

 配信を直前に控えた4月某日、サッカーキング編集部Sがコロプラさんにお邪魔して体験プレーをさせてもらった。

 挨拶もほどほどに、早速スマートフォンを手渡されてゲームをスタート。まずはクラブ名やホームタウンなどを設定していく。

 チーム編成は最初に各クラブの主力級3選手のセットを選ぶことができる。チームの根幹を決める重要な選択だ!

実際のスタメンイメージ

実際のスタメンイメージ

 簡単な試合中の操作トレーニングを終えると、いきなり練習試合に突入。まずは操作を「体で覚えろ」といったところだろうか。

 プニサカの大きな魅力の一つとして、Jリーグの実名選手を自由に操作できることが挙げられる。最近のスマホアプリは、サッカーゲームでもコレクション系のカードバトル的な要素が強いゲームが多いため、お気に入りの選手を操作できるのは逆に新鮮に感じるかもしれない。

game1

 基本操作は「スライド」と「フリック」。直感的に選手を動かすことができる。ドリブルは画面をスライドして、突破したいコースをなぞっていくイメージだ。パスは味方選手の方向にフリック。強弱をつけることでグラウンダーのパスと浮き玉のパスを選択できる。

 そしてシュートは操作選手がシュート可能なエリアに入ったら、選手の頭に「シュート」の表示が出るので、コースを見極めてフリックするだけだ。選手によってはロングレンジから強烈なミドルシュートを打つこともできる。守備は基本的にオートで動いてくれるが、守備に行かせる選手をタップして動かすこともでき、簡単に操作することができる。また、監督からの指示を出すことで、試合中の選手の動きもコントロールできるのだ。

matsumoto1

 「タップ」、「スライド」、「フリック」、というスマホの基本操作が中心だが、慣れるまではなかなか難しかったりする。特にシュートがなかなか枠にいかないのだ……。最初の試合は攻め続けたのに0-0のスコアレス。悔しい船出となってしまった。

game2

 サッカーゲームには多少自信があったはずなのに、この結果は受け入れがたい……。Sはこの状況に耐え切れず、ちょっと反則かもしれないが、プニサカの担当者さんにコツを聞いてみた。

編集部S「助けてください……どうしてもシュートが枠に行きません。どうやったらゴールを決められますか?」

担当者「あまり強くフリックし過ぎるとシュートコースがぶれてしまうので、まずはなでるようなイメージで狙ってみてください。慣れてきたら強さを調節できると思います」

 この時気がついた……編集部Sは「豪快にシュートをぶち込みたい」という気持ちが強すぎて、自然とフリックに力が入り過ぎていたようだ。

 貴重なアドバイスをいただき、早速トレーニングで試してみる。シュートトレーニングは制限時間内にペナルティスポットから得点の書かれたパネルを狙ってシュートを放つ練習で、パネルの中に1枚だけある赤い高得点パネルを狙うのがコツだ。トレーニングはスコアによってランク付けがされるのだが、最初はランクBといまいちの結果。それでもアドバイスをもらった編集部Sのシュートは気持ちいい具合に赤いパネルを捉える。そして結果はなんとランクSS! 担当者さんに聞くと、SSは最高評価のようだ。

training

 ランクSSを獲得した編集部Sはドヤ顔を見せつつ、スコアレスに終わった試合に再チャレンジしてみた。しかし、ランクSSを獲得したからといって、そう簡単にいかないのが世の常。試合になるとシュートコースが限られている上に、焦りもあってなかなかシュートが枠にいかない。

 そこでもう一度冷静になってアドバイスを思い出す……。「まずはなでるように」……。

 前半終了間際にGKと一対一という絶好のチャンスを迎え、ここぞとばかりにやさしくフリック。ボールがゴール右隅に転がり、遂に初ゴールを決めることができた! 編集部Sは思わず「よし!」と声を上げてしまい、笑みがこぼれた。

 やはりゴールが決まると気持ちいい! そしてこの直感的な操作で決める感じが、なんとも言えない快感だった。コツを掴んだ編集部Sは後半にも2点を追加し、3-0の快勝を収めた。

編集部S「やっぱりゴールを決めると気持ちがいいですね!」

Skill1

 しかし、このゲームの快感要素はこれだけじゃない。選手には「アクションスキル」がついていて、状況に応じて必殺技のように繰り出すことができるのだ。例えばヒールリフトからのシュートを決めた時は「超気持ちいい!」というセリフが出てきてしまいそうだ。

tour

 そしてこのゲームは試合だけではなく、細かいところにもこだわりを感じられる。ゲーム内のツアーを進めることで選手の成長やホームタウンの発展に必要な素材を獲得することができ、自分のホームタウンを拡大することができる。ホームタウンにはクラブハウスを初め、様々な施設を建てることができるが、街にはマスコットや所属選手が歩いていて、話しかけることもできるのだ。

Town1

 さらに自分のクラブと他のユーザーのクラブで対戦することも可能。もちろんリアルタイムに操作し合って戦うということではないが、力試しできる。

 Jリーグファンにとっては細かい演出もあり、サービス開始が待ち遠しくなる、遊びごたえのあるゲームだった。

■『激突!!Jリーグプニコンサッカー』

『激突!!Jリーグプニコンサッカー』は、本格的なサッカーを手軽に楽しめるアクション性の高いスマートフォンゲーム。独自に開発したインターフェース「ぷにコン」を搭載し、指一本での快適な操作を実現している。同ゲームには、Jリーグ監修のもと、J1クラブ所属の現役サッカー選手たちが実名で多数登場。プレイヤーは選手たちを操作しながら、リーグ制覇を目指す。

◆アプリ名:激突!!Jリーグプニコンサッカー
◆ジャンル:スポーツゲーム
◆価格:アイテム課金制
◆対応OS:Android™、iOS
◆サービス開始日:2016年春リリース予定
◆紹介サイトはこちら

※本リリースに使用しているゲーム画像はすべて開発中のもので、変更される可能性がございます。
a

©2016 COLOPL, Inc.
©J.LEAGUE PHOTOS INC.
©J.LEAGUE
※本ゲームに登場するJリーグ選手は2015年11月20日時点のものです。
※Jクラブの意匠は、2015シーズンのものです。
※本ゲームに使用するパラメータは、データスタジアム株式会社が作成・分析したJリーグのデータをもとに作成しております。
※コロプラおよびコロプラロゴは、株式会社コロプラの登録商標です。
※iOS はCisco Systems, Inc. またはその関連会社の米国およびその他の国における登録商標または商標です。
※Google 、Android 、Google Playは、Google Inc. の商標です。
※その他すべての商標は、各々の所有者の商標または登録商標です。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
25pt
FC東京
16pt
川崎F
15pt
Jリーグ順位をもっと見る
岡山
21pt
大分
18pt
東京V
18pt
Jリーグ順位をもっと見る
鳥取
14pt
沼津
13pt
YS横浜
11pt
Jリーグ順位をもっと見る