2014.10.21

AMBITIOUS CONSADOLE!!『Jリーグサッカーキング2014年12月号』(10月24日発売)

10月24日発売のJリーグサッカーキング12月号は、コンサドーレ札幌を大特集! J1昇格を目指し、熱く戦うコンサドーレの今に迫ります。

巻頭は河合竜二選手と小野伸二選手の対談をお届けします。「ほとんどずっと一緒にいる」と言うベテラン二人は大の仲良し。出会ってから16年目の初対談に「違和感がある」と話しつつも、お互いのこと、J1昇格へ向けての思いも語ってくれました。

また次代のコンサドーレを担う奈良竜樹選手と荒野拓馬選手の同級生コンビも対談で登場。息の合った二人がサッカーのことや初対面のことをたっぷりと話してくれました。お互いへの思いを告白する場面も必見です! さらにコンサドーレのエース、内村圭宏選手にもインタビュー。これまでに挙げた自身のゴールの中からベスト5をセレクトしつつ、「最高のシチュエーションでクライマックスを迎えたい」と語る、終盤戦への決意ををお伝えします。

そして砂川誠選手がコンサドーレとともに歩んだ12年間にも迫ります。「やっぱりコンサドーレでプレーできるのはうれしいよね」と話す『ミスターコンサドーレ』の思いは必読です。また日高拓磨選手×都倉賢選手×金山隼樹選手が「チーム全員のキングを決めよう」と誌上初(?)の企画にチャレンジ。テンポよく決めてくれた座談会の模様もお楽しみください。そのほか『松山光プロジェクト』に関する漫画家高橋陽一先生のインタビューや宮澤裕樹選手×石井謙伍選手の『宮の沢白い恋人サッカー場』案内、小山内貴哉選手×櫛引一紀選手の『白い恋人パーク』訪問もお見逃しなく。

そしてコンサドーレ特集の締めは、野々村芳和代表取締役社長、三上大勝ゼネラル・マネージャー兼務 チーム統括本部 本部長、石井亮チーム統括本部 アカデミーグループ グループリーダー“部長”がそれぞれの立場からコンサドーレ札幌の現在地を語ってくれました。北の大地で挑むクラブ作りと未来へのヴィジョンをご一読ください。

今号も様々な角度からコンサドーレ札幌の今をお伝えしていきますのでお楽しみに。

Football Plazaで購入 amazonで購入
honto(電子版)で購入 プレゼント応募

『Jリーグサッカーキング』
毎月24日発売
定価:800円(税込)
発売:朝日新聞出版
URL:http://publications.asahi.com

[新生・札幌特集]AMBITIOUS CONSADOLE!!

[16年目の初対談]
河合竜二×小野伸二「ここで、一緒に――」

[僕らの“ホーム”徹底解剖!]
宮澤裕樹&石井謙伍が案内する「宮の沢白い恋人サッカー場」


[同級生若武者対談]
奈良竜樹×荒野拓馬「21歳の柔と剛」


[最高のクライマックスを!]
内村圭宏「エースの決意」

[仲良しコンビの白い恋人パーク訪問]
小山内貴哉と櫛引一紀が楽しむ白い恋人パーク

[チームの裏側、そっと話します!]
李成樹マネージャーのコンサドーレ“裏”ネタ帳

[新指揮官のサッカー観を追う]
バルバリッチ(コンサドーレ札幌監督)「情熱と覚悟とチャレンジを――」

[砂川誠とコンサドーレ札幌の12年]
砂川 誠 「やっぱり札幌で――」

[ついに決定]
日高拓磨×都倉 賢×金山隼樹「33人(+2)のコンサドーレキング!」

[札幌に新オープン!]
都倉賢が行く「サッカーショップKAMO札幌パルコ店」

[J1で安定して戦えるチームに]
高橋陽一が語る松山光プロジェクト

[OB選手たちの現在]
岡田佑樹(元コンサドーレ札幌)

[戸塚啓の取材ノートの記憶]
野々村芳和(代表取締役社長)

[コンサドーレ札幌の現在地①]
野々村芳和(株式会社北海道フットボールクラブ代表取締役社長)
北海道とともに、世界へ

[コンサドーレ札幌の現在地②]
三上大勝(ゼネラル・マネージャー兼務 チーム統括本部 本部長)
北海道の未来を片手に誰にもできぬチャレンジを

[コンサドーレ札幌の現在地③]
石井 亮(チーム統括本部 アカデミーグループ グループリーダー“部長”)
北の大地で育つ道産子たちに夢と希望を

Jリーグ情報、スカパー! サッカー番組案内 他
日本代表リポート
ヤマザキナビスコカップリポート
天皇杯リポート
Jリーグ番組ガイド
スカパー! 海外サッカー番組ガイド
スカパー! 加入案内
2014シーズンtoto
プレゼント&インフォメーション
次号予告&編集後記

バックナンバー