2012.11.11

【内田篤人の頭の中をのぞく】22問22答インタビュー

サムライサッカーキング Nov.2012 掲載]

22歳でシャルケに加入した際、「2番」が空いていなかったため、空いている番号の中から2が並ぶ「22番」を選択した。“2”への愛着が強い内田選手に、22の質問を投げ掛けてみた。

【内田篤人の頭の中をのぞく】22問22答インタビュー Interview by Yusuke ASANO (@asasukeno ) Photo by Itaru CHIBA

Q. 毎日決まって行うこと、日課はありますか?

A. ソファーで寝ちゃうことですね、最近は。

Q. 今はまっているもの、マイブームは何ですか?

A. チームメートに日本語を教えること。もちろん、“健全”な日本語です(笑)。

Q. 好きなドイツ料理は?

A. ソーセージ、しかないです。

Q. 好きな日本食は?

A. 寿司。

Q. 得意な料理は?

A. 茹でるだけだけど、パスタ。ソースはお手伝いさんが作ってくれたものをかけているので、次は自信を持って「パスタ」って言えるように頑張ります(笑)。

Q. 今一番どこに行きたいですか?

A. どこにも行きたくない。

Q. 今一番会いたい人は?

A. 安室奈美恵さん。(理由は?)この間、沖縄での初ライブの映像を見たんですけど、『CAN YOU CELEBRATE?』ってあるじゃないですか。あの曲のスタートで観客が「ワー!」となって、安室さんが「この歌知ってる?」って言うんですよ。惚れましたね。ライブというものに行ったことがないんですけど、あれを見て、行ってみたくなりました。めちゃカッコイイじゃないですか、そんなことを言える曲を持っている安室さんに会いたいです。マイブームは「安室奈美恵」かもしれないですね。

Q. タイムマシンがあったら、行きたいのは過去? 未来?

A. 未来。自分がおじいちゃんになっているくらいの未来に行ってみたいです。もう仕事はやってなくて、孫がいるくらいの年齢の自分に会う。(孫の顔が見たいってことですか?)孫の顔も見たいですし、自分がどういうふうになっているのかなと。誰と結婚して、どんな子供ができて、そして孫が……と。結婚相手この人か、マジか、って(笑)。

Q. シャルケ移籍前の自分にアドバイスをするとすれば?

A. (フェリックス)マガトの練習きついぞ、頑張れよ。まあ、マガトのおかげで今は何も怖くないですけどね。

Q. 内田選手にとって「おふくろの味」とは?

A. 唐揚げかな。

Q. 地球最後の日、食べたいものは?

A. みんなで焼き肉。知り合いを全員集めて、僕がおごります。

Q. 一番好きな漫画は?

A. 結局、スラダンかな。『スラムダンク』ですね。(流川楓のお気に入りのシーンは?)山王戦で沢北(栄治)と勝負している場面で、「オレもアメリカに行くよ。今日……ここでお前を倒して行く」って言うところですね。

※ちなみに、僕はミッチー(三井寿)派です、と伝えると

分かります、ミッチー派。いいですよね。俺、ミッチー派はけっこう好きなタイプですよ(笑)。


【内田篤人の頭の中をのぞく】22問22答インタビュー Text by Yusuke ASANO Photo by Itaru CHIBA

Q. 一番好きな映画は?

A. 『天空の城ラピュタ』ですかね。小学生の時に見た印象が強くて。

Q. 分かっていても、治せない癖はありますか?

A. 人と目を合わせられないことですかね。恥ずかしくて。

Q. 未来の自分が目の前に現れたら何を聞きますか?

A. 「お金はあといくら残ってるの?」って聞きたいです。

Q. 人生でもっとも影響を受けた人は?

A. 小笠原満男と岩政大樹。

Q. 一度だけ魔法が使えるとしたら、何に使いますか?

A. まずい、お金しか思い浮かばない(苦笑)。魔法が使えたら、天才になりたいです。努力しないで済むように。

Q. 宝物は何ですか?

A. ここはかっこよく、「友達」と言っておきます(笑)。

Q. ドイツで最もカルチャーショックを受けたことは?

A. 「とにかく、みんな声がでかい。声でかいし、自己表現がすごく強い。ヤー、ヤー、ヤーって(※J a =ヤーはドイツ語で「はい」)、そんなに拒否するのかと(笑)。

Q. 日本人女性とドイツ人女性、どちらに魅力を感じますか?

A. 断然、日本人です。100対0で。

Q. 選手の秘密、一つだけ教えてください。

A. 好きなタイプがコロコロ変わること。(好きな女性のタイプは?)今は安室さんで、ちょっと前までは香里奈さん。その前は、松下奈緒さんでした。本当にコロコロ変わるんです。

Q. サッカー選手になっていなかったら、どんな仕事に就きたかったですか?

A. 昔、先生って答えたことがあるんですけど、今回はちょっと変えて「カリスマニート」。要するに、働きたくないってことです(笑)。でも、何かしらでお金は入ってくる。それが理想です。

【関連記事】

【インタビュー】内田篤人「僕は主人公じゃなくていい」

『沈黙を破り、今すべてを語る』 本田圭佑 独占2万字インタビュー全公開