2016.02.16

茶野隆行氏が新潟医療福祉大コーチに就任…現役時代はJ1通算350試合に出場

現役時代はジェフ千葉などでプレーした茶野隆行氏(左) [写真]=Getty Images
高校世代を中心とした育成年代サッカー総合情報サイト

 アルビレックス新潟は15日、トップチームコーチの茶野隆行氏が2016シーズンから新潟医療福祉大学のコーチに就任することを発表した。

 現在39歳の茶野氏は、市立船橋高からジェフユナイテッド市原に入団。2004年には日本代表に初召集され、7試合に出場した。その後はジュビロ磐田でもプレーし、ジェフ千葉での2010-11シーズンをもって現役を退いた。1995年から2011年までの17年間で、J1通算350試合、J2通算27試合の出場キャップを誇っている。

 引退後は磐田の普及推進グループスタッフや、学習院中等科サッカー部コーチなどを経て、2015年に新潟のコーチに就任した。

 なお、就任する新潟医療福祉大は北信越大学サッカーリーグ1部に所属。昨シーズンは4位でリーグを終えた。

Jリーグ順位表

柏レイソル
34pt
C大阪
32pt
鹿島アントラーズ
30pt
Jリーグ順位をもっと見る
福岡
40pt
湘南
40pt
東京V
34pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
33pt
富山
28pt
沼津
26pt
Jリーグ順位をもっと見る