2016.05.05

J・コールがアメリカ2部へ移籍「勝利への欲望はまだ尽きていない」

J・コール
現在34歳のジョー・コール。アメリカでの新たな挑戦が決まった [写真]=Aston Villa FC via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 NASL(北米サッカーリーグ、アメリカ2部相当)のタンパベイ・ローディーズが4日、元イングランド代表MFジョー・コールを獲得したとクラブ公式サイトで発表した。契約は2017シーズン終了までで、1年間の延長オプションも付いている。

 現在34歳のJ・コールは、ウェストハムの下部組織出身で、1999年に17歳にしてトップチームデビューを飾った。その後、チェルシー、リヴァプール、リールを経て2013年1月にウェストハムへ復帰した。昨シーズンからはアストン・ヴィラでプレーしていたが、昨年10月にフットボールリーグ1(イングランド3部リーグ)のコヴェントリーにレンタル移籍。当初は短期契約だったが、今年1月にフリーで完全移籍をし、リーグ戦22試合2ゴール6アシストを記録していた。

 アメリカへの移籍が決まった同選手は、「とてもエキサイティングな時期だ。いつもアメリカでプレーすることを心に描いていた。そしてこの機会に恵まれたんだ。ここで新たなスタートを切ることにとても興奮している。チームとともに成功を収めたいし、勝利への欲望はまだ尽きていない。ここには休暇のためにきているわけではないんだ。勝利を求めているし、家族とともに新しいライフスタイルも経験したいと思っている。だけど、まずはピッチ上での成功を考えているよ」とコメントした。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
34pt
レスター
26pt
チェルシー
26pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
25pt
ライプツィヒ
21pt
バイエルン
21pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
25pt
レアル・マドリード
25pt
アトレティコ・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
32pt
インテル
31pt
ラツィオ
24pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング