2016.03.07

中国が勝利、なでしこジャパンの予選敗退決定…4大会ぶりに五輪出場逃す

adachi-160307_0146
中国が韓国に1-0で勝利。この結果、なでしこはリオ五輪出場を逃すことが決まった [写真]=足立雅史
サッカー総合情報サイト

 リオデジャネイロ・オリンピック 女子サッカー アジア最終予選の第4節が7日に行われ、中国女子代表と韓国女子代表が対戦。1-0で中国が勝利を収め、なでしこジャパン(日本女子代表)と韓国の敗退が決まった。

 3試合を終えて勝ち点7で2位につける中国と、勝ち点2で4位の韓国が激突した。16時35分にヤンマースタジアム長居でキックオフを迎えた同試合、中国が引き分け以上の結果を残した時点でなでしこジャパンの3位以下が確定し、敗退が決まるという状況だった。また、韓国も中国から勝利を収めなければ敗退となる。

 試合は序盤から拮抗した展開となり、互いに決定機を作るに至らない。スコアレスでハーフタイムを迎えるかと思われた43分、均衡を破ったのは中国だった。左サイドからのクロスにワン・シャンシャンが反応。打点の高いヘディングシュートを決め、中国が1-0で前半を終えた。

 後半は逆転を目指す韓国が攻勢をかけ、中国がカウンターで応戦する展開となった。自陣に引いてブロックを作る中国に対し、韓国はボールポゼッション率こそ高めたものの、なかなかゴール前へ進入することができない。一方の中国は82分にカウンターからゴールを脅かしたが、韓国GKキム・ジョンミが好セーブで追加点を許さなかった。

 韓国は最後までゴールを決めることができず、試合は1-0で終了。中国が1点を守り切って勝利を収め、勝ち点を10に伸ばした。この結果、勝ち点1で5位に沈むなでしこジャパン、同2で4位に位置する韓国の3位以下が確定。なでしこジャパンは2000年のシドニー大会以来、4大会ぶりにオリンピック出場を逃すこととなった。

 敗退が決まったなでしこジャパン。今大会は残り2試合、7日19時35分キックオフの第4節ベトナム戦、9日19時35分キックオフの最終節、北朝鮮戦に臨む。

 今予選は、2月29日から3月9日にかけて大阪府で開催。日本、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)、オーストラリア、中国、韓国、ベトナムの計6チームが参加し、総当たりのリーグ方式で、上位2カ国にリオ五輪の出場権が与えられる。

【スコア】
中国女子代表 1-0 韓国女子代表

【得点者】
1-0 43分 ワン・シャンシャン(中国女子代表)

欧州順位ランキング

マンチェスターC
6pt
マンチェスターU
6pt
ハル
6pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
88pt
ドルトムント
78pt
レーバークーゼン
60pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
3pt
Rマドリード
3pt
セビリア
3pt
欧州順位をもっと見る
ローマ
3pt
ジェノア
3pt
キエボ
3pt
欧州順位をもっと見る